P1900272
見応えがあるファサードです。


P1900278


P1900280
ファサードの彫刻の作品帰属について、聖堂内に説明プレートがあります。


P1900165
これです。


P1900166
これがあるので助かります。


P1900282
次は身廊外観です。


P1900283
鐘楼を横から見たところです。


P1900284
サン・ロレンツォ通り側の出入り口


P1900285


P1900286


P1900287


P1900288


P1900289


P1900290


P1900053
ファサード側の向かって右の出入り口が開いていたので、聖堂内に入ります。


P1900054
三廊式、ラテン十字形、ロマネスク様式の内部です。


P1900055
左側廊方向


P1900059
左側廊


P1900060
左側廊からの眺め


P1900061
左側廊上部


P1900066


P1900161


P1900056
右側廊方向


P1900144
右側廊


P1900145
右側廊からの眺め


P1900162


P1900057
天井
第二次世界大戦中の1941年2月9日、イギリス軍の爆撃によって、聖堂身廊天井が破壊され、天井のフレスコ画の殆どが落剝してしまいました。その後、天井は修復されましたが、僅かに残っていたフレスコは白く塗り潰されました。


P1900058
ジョルジョ・フィエスキの墓


P1900062
ジョヴァンニ・アンドレア・アンサンド(ヴォルトリ、1584‐ジェノヴァ、1638)によって、オルガンカヴァーとして描かれた「聖ロレンツォ」


P1900067


P1900071
ジョヴァンニ・バッティスタ・パッジ(ジェノヴァ、1554‐1627)に帰属する「受胎告知」


P1900072
ジョヴァンニ・ガジーニ(パレルモ、1470c‐?、?)の「ジョルジョ・フィエスキの墓碑」


P1900074
中央礼拝堂と後陣は修復作業中でした。


P1900076
後陣のフレスコ画、彫刻、ステンドグラスなどをゆっくり見たかった!


P1900078
ラッザーロ・ダヴァローネ(ジェノヴァ、1556‐1640)のフレスコ画(1622)


P1900088
ラッザーロ・タヴァローネ(ジェノヴァ、1556‐1640)の「最後の晩餐」


P1900091
後陣の彫刻を見たかったけれど、これではね。


P1900092
詳細不明


P1900075
説教壇


P1900080
校外学習の一行がやってきました。聖堂内に説明の声が良く響きます。
(つづく)