P2610360
洗礼堂の中に入りました。


P1230712
7,8年前に、ここで実際に洗礼式が行われているのを見ました。観光客を立ちリ禁止して洗礼式が行われると聞いたことがありますが、その辺はどうなっているのでしょうか。


P2610376
洗礼盤


P2610362
クーポラは、16本のコストローネ(肋材)から成る傘状になってます。


P2610363
クーポラの全面がフレスコ画で覆われてます。


P2610368
フレスコ画は、6つの同心円から成っており、テーマ毎に1つの同心円のフレスコ画が描かれてます。


P2610370
中心に近い赤色の同心円は、永遠の愛の赤い空を表現しているそうです。


P2610372
クーポラの中心から2番目の同心円に菱形が描かれてます。その菱形の中に星が描かれていて、その星はエルサレム上空に輝いているものとされてます。


P2610485
中心から3番目の同心円には、16本のコストローネで分けられた16の壁面に、12人の使途と4人の福音書記者が描かれてます。


P2610486
4番目の同心円には、キリストが描かれ、その左に聖母、キリストの右に聖ジョヴァンニ・バッティスタ、その他の壁面に13人の預言者が描かれてます。


P2610487
5番目の同心円には、聖ジョヴァン・バッティスタの生涯が12場面と4人の聖人が描かれてます。


P2610489
6番目の同心円には、アブラモ、自然の4要素(水、空気、土、火)、春夏秋冬の四季、聖母の生涯のエピソードが描かれてます。


P2610493
クーポラのフレスコ画は、グリスポロ・ディ・パルマ(パルマ、13世紀活動)とグリスポロ工房によって13世紀末に制作されました。


P1230737
フレスコ画の全場面の写真を撮ろうと思いましたが、見上げるのが辛くて直ぐに断念しました。


P1230731
上ばかり見ていると首が痛くなるし、やがて気持ち悪くなりました。


P1230732


P1230736


P1230742
制作するのが大変だったことでしょう。


P1230743


P1230745


P1230746


P1230749


P1230710


P2610494
クーポラのフレスコ画はこのくらいで終わりにします。


P2610490
クーポラのフレスコ画の下に2層からなるギャラリーがあります。


P2610491
ギャラリーに何もないところが多いですが、ここに彫刻が置かれていたそうです。


P1230705
彫刻が置かれている場所があります。これらの彫刻は貴重な傑作とされてます。


P2610373
これらの彫刻を順を追って紹介しましょう。


P2610453
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の傑作です。一部、アンテラミ工房の手が入っていると推察されてます。
左から、1月 水瓶座、2月 魚座


P2610421
左から3月 牡羊座、4月 牡牛座、5月 双子座


P2610423
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)の作品


P2610427
左の彫像は詳細不明です。
その右は、ベネデット・アンテラミの6月 蟹座、7月 獅子座


P2610435
左から8月 乙女座、真ん中は詳細不明、その右は9月 天秤座


P2610443
左から10月 蠍座、11月 射手座、12月 山羊座


P1230738


P1230711


P2610406
ギャラリーの説教壇


P1230706
3つの扉上ルネッタに彫刻があります。


P2610413
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房の「エジプトへの逃避」


P2610465
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房の「キリストの寺院への出現」


P2610389


P2610390
ベネデット・アンテラミ(ヴァル・ディンテルヴィ、1150c‐1230c)と工房の「アルピコルドを弾くダヴィデ」
(つづく)