P1540503マドンナ・ディ・モンタルト聖域(Santuario)が見えてます。


P1540505
1286年創建ですが、1908年の大震災で倒壊したので、1928年に再建された新しい建物の教会です。拝観する程ではないと判断して行きませんでした。


P1540518
ドゥオーモを見てしまうと、最早やることがありません。


P1540520
都市計画に基づく整然とした街並みです。


P1540521
教会などを紹介してきましたが、殆どの教会が1908年の大震災で被災して、その後に再建されたものです。


P1540522
真っ直ぐ伸びた道路。


P1540523
朝方の雨模様から、すっかり天気が回復して快晴になりました。


P1540524
カラヴァッジョ、アントネッロ・ダ・メッシーナの作品があるので、美術ファンにとってメッシーナは必訪ですが、それ以外に街の見所が乏しいので旅程作成が難しいと思います。


P1540525
サンタ・カテリーナ・ディ・ヴァルヴェルデ教会です。


P1540526
1908年の大震災によって倒壊したので、1926年から1932年に建て替えられた建物です。


P1540527
この日は拝観しませんでした。


P1540538
ところが、州立美術館が翌日も臨時休館であることが分かり、時間潰しのために結局拝観しました。


P1540528
活気がありません。


P1540529
あの教会に行っても仕方がない、何処に行っても事情は同じですから。


P1540531
シャッター街?


P1540532
お腹が空いたけどセルフサービスではね。


P1540534
山の方から黒い雲が出てきました。天気が安定していないようです。


P1540536
レストランがありません。


P1540539
やることがないので、思い切り飲んで食べて、あとは寝るだけと考えていましたが、肝心の食べるところが見つかりません。


P1540540
ドゥオーモ付近に戻れば、魚介料理の店があるのですが、ドゥオーモの方に戻る気がしません。


P1540542
閉まっている店ばっかり。


P1540543
仕方がありません。ホテルに戻って、併設のレストランで食べることにしました。


P1540533
駅近くに美味しい店がなさそうです。


002


139


004


P1540545
食事を終えて、自室のベランダで酔い覚ましです。


P1540547
先ほどの快晴は何処へやら、雨が降ってきました。


P1540549
昼寝をしてからベランダに出たら、日が差していました。


P1540548


P1540552


P1540555
翌朝です。


P1540556
天気が冴えないようです。


P1540560
気になるのは、州立美術館が果たして開館しているかどうかでした。


P1540572
若し休館ならば、お手上げです。やることがありませんから。


P1540574
もう一日、メッシーナで過ごすのは耐えられません。


P1540580
明るくなってきました。


P1540582
冴えないベランダ。
この後、州立美術館が休館の場合、どうするかを考えました。
開館しているならば、美術館でゆっくり過ごして、このホテルで予定通り、もう1泊する。
休館の場合は、ナポリに予定通り一日早く入ることにしました。
ナポリのホテルの予約状況や列車の予定などをPCでチェックしました。
朝食前にフロントで、州立美術館はこの日も臨時休館と伝えられたのです。バカヤロー
フロントと交渉して、ペナルティなしのこの日のチェックアウトを取り付けました。


P1540732
駅に行って、切符の予約変更をしました。


P1540583
変更した列車は10時過ぎのローマ・テルミニ駅のICでした。それまで時間があるので、時間潰しの街歩きをしました。
メッシーナのトラムです。


P1540584
トラムの終点はMuseo、州立美術館ですが、この日も休館だったので、終点まで乗ることはありませんでした。


P1540587
(つづく)