引き続きSala del Risorgimentoです。
P2320309
「ジュゼッペ・ピアニジャーニ(シエナ、1805‐1850)像」
ジュゼッペ・ピアニジャーニは、シエナ~エンポリ間の鉄道敷設に尽力した技術者です。シエナ駅の設計も行いました。


P2320310
ガリバルディ軍兵士の服


P2320312
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の作品


P2320313


P2320315
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の「バルダッサレ・ペルッツィ像」
バルダッサレ・ペルッツィ(シエナ、1481‐ローマ、1536)は、ラッファエッロの影響を受けた優雅な画風の画家で、建築家でもありました。


P2320317
「ジュゼッペ・ラッザレッティ像」
この人のことは知りません。


P2320320
エツィオ・トラパッシ(マッサ・ディ・チッタ、1871‐シエナ、1960)の「若い女性」


P2320321
「トンマーゾ・ペンドーラ像」
トンマーゾ・ペンドーラ(ジェノヴァ、1800‐シエナ、1883)は、聴覚障害者の教育と援助に尽力した聖職者、学者で、シエナ大学の教授でした。


P2320323
ルイージ・ムッシーニ(ベルリン、1813‐シエナ、1883)の「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の肖像」


P2320329
ピエトロ・アルディ(マンチャーノ、1852‐1888)の「ジュゼッペ・ガリバルディとヴィットリオ・エマヌエーレ2世の邂逅」


P2320326
ピエトロ・アルディ(マンチャーノ、1852‐1888)の「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世とラデツキー将軍との邂逅」


P2320331
チェーザリ・マッカーリ(シエナ、1840‐ローマ、1919)の「パンテオンでのヴィットリオ・エマヌエーレ2世の遺体の移動」


P2320327


P2320328


P2320330
チェーザリ・マッカーリ(シエナ、1840‐ローマ、1919)の「フィレンツェ、ピッティ宮の玉座の前のヴィットリ・エマヌエーレ」


P2320332


P2320334


P2320335


P2320337


P2320338


P2320339
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の「眠る子供」


P2320341
ティート・サッロッキ(シエナ、1824‐1900)の「男の浮彫」


P2320343
ジョヴァンニ・デュプレ(シエナ、1817‐フィレンツェ、1882)の「救世主」


P2320345
Sala del Risorgimentoを出ました。


P2320346
次の部屋です。


P2320347
Sala di Balia


P2320350
説明板


P2320351
壁の全面がフレスコ画で覆われてます。


P2320372
中央のアーチによって部屋が2つの部分に分かれてます。


P2320375


P2320348
天井を除いて、フレスコ画の制作者は、スピネッロ・アレティーノ(カポロナ、アレッツォ、1350c‐アレッツォ、1417)と、その息子パッリ・スピネッリ(アレッツォ、1387c‐1453)の2人です。1407年から1408年に制作されました。


P2320349
フレスコ画のテーマは、シエナ出身の教皇アレッサンドロ3世ロランド・バンディネッり(シエナ、1100c‐チヴィタ・カステッラ―ナ、1181)の生涯です。


P2320355
全部で13場面が描かれてます。


P2320357


P2320359


P2320360
バル―ナ・ディ・トゥリーノ制作のテーブル(1410)


P2320361
各場面の意味している所は、教皇アレッサンドロ3世の生涯を知れば簡単に分かります。


P2320362


P2320364


P2320389
ヴォールトの4福音書記者のフレスコ画は、マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)によって1408年に描かれました。


P2320352
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)のフレスコ画


P2320365
マルティーノ・ディ・バルトロメオ(シエナ、1370/1375c-1434c)のフレスコ画(1408)


P2320367


P2320368


P2320371


P2320376


P2320377


P2320380


P2320382


P2320384


P2320386


P2320387


P2320392


P2320395


P2320396


P2320401


P2320405


P2320407
(つづく)