P1120303
聖堂内に入りました。


P1120316
3廊式、ロマネスク様式の内部ですが、少し複雑な構造をしています。


P1120315
フレスコ画が沢山あるので、美術ファンにとっては非常に魅力ある教会です。


P1120314
木造りの天井


P1120453
階段を上ります。


P1120313
Presbiterio(聖堂内陣、中央祭壇を含む部分)です。
階段下のChiesa plebana、Presbiterio、クリプタの3つの部分に分かれてます。


P1120309
何はともあれ、中央祭壇の祭壇画を見に行きます。


P1120455
これがお目当てです。


P1120327
アンドレア・マンテーニャ(イーゾラ・ディ・カルトゥーロ、1431‐マントヴァ、1506)の「サン・ゼーノの祭壇画」(1457‐59)
1456年、当時のサン・ゼーノ修道院長グレゴリオ・コッレールによって発注された作品です。
残念なことに、プレデッラの「園の祈り」、「磔刑」、「キリストの復活」の3点はマンテーニャの真作ではなく、後に制作された本物の複製画なのです。
ナポレオンのイタリア侵攻によって、多くの傑作美術品がフランスに持ち去られましたが、この「サン・ゼーノの祭壇画」も1797年にフランス軍によって奪われてしまいました。
ナポレオン失脚後、この作品の返還交渉が行われましたが、何年も経って漸く返還されました。しかし、返されたのは上部のトリッティコだけで、何故かプレデッラ部分はフランスに奪われたままで返ってきませんでした。その後、何度も返還要求が出されたものの、フランス側は拒否を続け、今に至ってます。
已む無くプレデッラ部分の複製画制作がパオリーノ・カリアーリ(ヴェネツィア、1764‐1835)に発注され、パオリーノ・カリアーリ制作の「マンテーニャ作品の複製画」がプレデッラ部分に嵌め込まれたのです。
パオリーノ・カリアーリはパオロ・ヴェロネーゼの子孫と言われてます。
なお、プレデッラの「園の祈り」と「キリストの復活」はフランスのトゥール美術館、「磔刑」はルーヴル美術館にあります。


P1120457
上段中央


P1120458
上段左


P1120460
上段右


P1120466
プレデッラのパオリーノ・カリアーリ(ヴェネツィア、1764‐1835)の「マンテーニャ作『園の祈り』の複製画」


P1120333
「磔刑」(パオリーノの作品)


P1120336
「キリストの復活」(パオリーノの作品)
マンテーニャの祭壇画の裏に素晴らしい「聖ゼーノ」のフレスコ画があるのですが、一般の拝観者は祭壇画の背後に入ることが出来ないので、観ることが出来ません。


1
これが、そのフレスコ画の作品画像です。(外部サイトから拝借しました)
ヴェローナの逸名画家による「聖ゼーノ」(14世紀)


P1120317
ヴェローナの逸名画家たちによって13世紀から14世紀に描かれたフレスコ画


P1120318


P1120321
Altare del Santissimo Sacrament


P1120322
Altare del Santissimo Sacramentの右壁は、聖堂で最古の部分(10世紀)の一部とされてます。


P1120323
14世紀のヴェローナの逸名画家によるフレスコ画


P1120325
中央祭壇左柱のフレスコ画


P1120326
後陣のフレスコ画


P1120338
後陣のフレスコ画は、アルティキエーロ・ダ・ゼ―ヴィオ(ゼ―ヴィオ、1330c‐ヴェローナ、1390c)派の逸名画家によって描かれたとされてます。


P1120337


P1120339


P1120342
中央祭壇の左に有名な彫刻があります。


P1120340
13世紀の逸名彫刻家作「笑う聖ゼーノ像」


P1120344
13‐14世紀のヴェローナの逸名画家たちによって描かれたフレスコ画


P1120343


P1120346


P1120348


P1120349


P1120350


P1120351


P1120352


P1120353


P1120354


P1120356
向かいの壁


P1120357
Presbiterioは終わりです。


P1120359
Presbiterioからバラ窓を見ました。
(つづく)