第4室の続きです。
P2770260
マッティア・ボルトローニ(ロヴィーゴ、1696‐ミラノ、1750)の「モーゼの発見」


P2770263
アントニオ・マリーニ(ヴェネツィア、1668‐1725)の「時化」


P2770266
アントニオ・マリーニ(ヴェネツィア、1668‐1725)の「時化」


P2770269
ジャンバッティスタ・マリオッティ(ヴェネツィア、1694‐1765)の「聖エロシャの殉教」


P2770272
コスタンティーノ・パスクゥアロット通称イル・コスタんティーニ(ヴィチェンツァ、18世紀前半活動)の「十字架降下」(1750‐60)


P2770274
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「修道士の葬儀」(1700c)


P2770277
アレッサンドロ・マニャースコ(ジェノヴァ、1667‐1749)の「用心棒」


P2770278
ジャンバッティスタ・ピアツェッタ(ヴェネツィア、1683‐1754)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタ」


P2770284


P2770287


P2770285


P2770286


P2770288
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「フローラ」


P2770290
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「ヘラクレス」


P2770291
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「愛」


P2770293
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「ペルセウス」


P2770295
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「男の胸像」


P2770296
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「羊飼いと牛」


P2770297
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「聖アントニオ」


P2770302
オラツィオ・マイナーリ(バッサーノ・デル・グラッパ、1643‐ヴィチェンツァ、1720)の「聖母子」(17世紀末‐18世紀初め)


P2770305
次の部屋です。


P2770306
アントニオ・カノーヴァの作品が展示されている第5室です。


P2770307
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「悲しみの2人の女」


P2770311
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「馬の頭像」


P2770313
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「オラツィオ・ネルソンの誕生」(1803‐06c)


P2770316
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「悔悛のマッダレーナ」(1795c)


P2770319
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「自彫像」(1812‐22c)


P2770324
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「ライオンの頭像」(1792)


P2770326


P2770328


P2770327


P2770329
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「ヴィーナス」(1812c)


P2770333
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「オラツィオ・ネルソンの葬儀モニュメント」


P2770332


P2770336
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「カロリーナ・ムラートの頭像」(1813以降)


P2770338
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「パーチェの頭像」


P2770342
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「タモッセーノの頭像」(1800c)


P2770345
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「男の頭像」


P2770348
突如アントニオ・リエッロ(マロ―スティカ、1958‐)の作品が出てきます。


P2770351
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「慈善の頭像」


P2770354
アントニオ・カノーヴァ(ポッサーニョ、1757‐ヴェネツィア、1822)の「レオポルディーナの彫像」
(つづく)