P2450873
引き続きドゥオーモ広場です。


P2450927
ドゥオーモ広場にあるFontana della Minerva


P2450925
ドゥオーモ広場に面して建つ、ロマネスク・ゴシック様式の建物は、1187年から1280年に建設されたブロレットです。


P2450871
ブロレットに付属して、Torre del Pegol またはTorre del Popoloと呼ばれる、11世紀に建設された塔があります。


P2450926
ブロレットのファサードにLoggi della Gridaと呼ばれるバルコニーがありますが、バルコニーから市当局から市民への布告が行われたそうです。


P2450928
ブロレットの中庭に進みます。


P2450930
この扉から中に入ります。


P2450932
中庭への壁に描かれた「玉座の聖母子」のフレスコ画


P2450933
公正の女神の彫刻


P2450934
ブロレットの中庭です。


P2450935
この紋章が分かりません。


P2450936
1626年に建設されたロッジャ付きの建物


P2450938


P2450937
中庭中央にあるFontana


P2450939
ブロレットの中庭からサンタ・マリア・デッラ・カリタ教会に向かいました。


P2450942
マッツィーニ通り側にあるブロレットの入り口です。


057
マッツィーニ通りからドゥオーモのクーポラが見えます。


P2450940
マルティーリ・ディ・ベルフィオーレ広場です。


P2450941
マルティーリ・ディ・ベルフィオーレ広場にあるのは、イタリア統一の三傑の一人「ジュゼッペ・マッツイーニ(ジェノヴァ、1805‐ピサ、1872)像」です。


P2450944
サンタ・マリア・デッラ・カリタ教会です。扉が開いていました。


P2450975
1640年に建設されたバロック様式の教会です。


P2450974
ファサードの彫刻が少し変に見えます。


P2460825
壁龕の彫刻に見えますが、実は壁龕に見せかけたフレスコ画です。
彫刻家アレッサンドロ・ガレガーリ(ブレーシャ、17世紀後半‐18世紀前半活動)と画家アントニオ・フェレッティの共作のフレスコ画です。


P2460826
壁龕の彫刻に模したフレスコ画


P2460827
ファサードの彫刻はアレッサンドロ・ガレガーリの作品です。


P2460828
アレッサンドロ・ガレガーリの彫刻


P2450946
中に入りました。


P2450947
円形のバロック様式の内部です。


P2450948
左側壁


P2450949
右側壁


P2450951
Maestro Parotoの「聖母子と聖人たちのポリッティコ」(1447)


P2450952
聖人たち: 聖シーロ、聖ジョヴァンニ・バッティスタ、聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ、聖ミケーレ、聖ステファノ、トローサの聖ロドヴィーコ、聖アポッロニア、聖アガタ


P2450955
出入口方向


P2450956
19世紀のオルガン


P2450957
右側の礼拝堂


P2450958
フランチェスコ・パーリア(ブレーシャ、1635‐1714)の「聖アントニオと聖セバスティアーノと聖ロッコ」(1670c)
フランチェスコ・パーリアはグエルチーノの弟子です。


P2450967
主祭壇


P2450960
主祭壇画は、制作者情報不明の「Madonna della Carita」のフレスコ画(15世紀)


P2450961
左側の礼拝堂


P2450962
アントニオ・ガンディーノ(ブレーシャ、1560‐1631)の「悔悛のマッダレーナ」(1620)


P2450968
マルカントニオ・フランチェスキーニ、ジュゼッペ・オルソーニ、ジャコモ・アントニオ・ボーニなど多くの画家たちによって描かれたフレスコ画です。


P2450969
ベルナルディーノ・ボーノ(ブレーシャ、?‐1774)の「聖母被昇天」(1729)


P2450970
ベルナルディーノ・ボーノ(ブレーシャ、?‐1774)の「聖母の神殿奉献」(1733)


P2450971
外に出ました。
(つづく)