P1890573
カンポ・リーグレは、人口2,924人のリグーリア州ジェノヴァ県にあるコムーネです。
この村に鉄道で行く場合、ジェノヴァPP駅からアックイ・テルメ行きの普通列車を利用します。


P1890575
乗車約30分程でカンポ・リーグレ駅に到着しました。


P1890577
駅舎


P1890576
駅の下にストゥーラ川が流れてます。


P1890578
ストゥーラ川沿いの道を川の上流に向かって進み、チェントロ・ストーリコに向かいました。


P1890581
鐘楼があるので、教会でしょう。


P1890582
教会の名前が分かりません。


P1890583
最初の信号を右折するとチェントロ・ストーリコに行くことが出来ます。


P1890584
「最も美しい村」にリストアップされてます。


P1890585
カンポ・リーグレは、ジェノヴァに近いのですが、14‐15世紀はハプスブルク家の支配下にあり、16世紀にジェノヴァ共和国の支配下に置かれるまでハプスブルク家に忠誠を誓って村を上げてジェノヴァに抵抗したことで有名です。


P1890588
村の歴史は古く、古代ローマの共和政時代に遡ります。


P1890589
教会が見えてきましたが、その教会がチェントロ・ストーリコの入り口になります。


P1890590
サンティ・セバスティアーノ・エ・ロッコ祈祷所です。


P1890615
1418年創建の記録が残されてますが、外観は明らかにバロック様式です。


P1890618
1647年、教会は機能を停止して、村立病院に改装されました。1968年まで病院として使用されました。


P1890620
創建時の鐘楼が今でも残されてます。


P1890591
扉が開いていたので中に入りました。


P1890593
中は修復工事中でした。


P1890592
単廊式、バロック様式の内部です。


P1890594
壁の殆どがフレスコ画で覆われてます。


P1890595
天井のフレスコ画は、ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1702)によって描かれました。


P1890599


P1890597
主祭壇


P1890598


P1890601
主祭壇画は、ドメニコ・ピオラ(ジェノヴァ、1627‐1702)の「聖セバスティアーノと大天使聖ミケーレと聖ロッコ」


P1890604
地元の画家サンテ・レオンチーノのフレスコ画


P1890605
サンテ・レオンチーノのフレスコ画


P1890606
サンテ・レオンチーノ作のフレスコ画


P1890608
地元の逸名画家によるフレスコ画


P1890610
逸名画家作「ピエタ」(15世紀)


P1890602
ファサードの裏にオルガンと聖歌隊席があります。


P1890614
外に出ました。


P1890616
村の入り口は工事中でした。


P1890617
この辺は、美しい村の雰囲気は特にないようです。


P1890622
川の方は後で行くことにしました。


P1890623
先ず教区教会に向かいました。


P1890625
村の目抜き通りであるジュゼッペ・サラッコ通りです。


P1890627
目抜き通りにも拘らず人出がありません。


P1890629
よく清掃された綺麗な道です。


P1890631
もう直ぐ村の中心の広場に出ます。


P1890633
村の中心のヴィットリオ・エマヌエーレ2世広場です。


P1890644


P1890634
広場に面して建つナティヴィータ・ディ・マリア・ヴェルジネ教区教会、カンポ・リーグレのドゥオーモです。


P1890638
1758年創建、1762年に完成した後期バロック様式の教会です。扉が閉まっていました。


P1890640
扉上の「玉座の聖母子」のモザイク


P1890641
大天使聖ミケーレ


P1890642
聖マリア・マッダレーナ
(つづく)