P2410839
屋上テラスから城の中に戻りました。


P2410840


P2410838
パオロ3世ファルネーゼの居住部分の中で、最も豪華なこの部屋は、パオロ3世のゲストルームとして使用されていたそうです。


P2410841
マルティン・ルターの宗教改革に対して、ローマ・カトリックの優位性をゲストに示すために、パオロ3世は特に豪華な装飾を施すように指示しました。


P2410843
部屋の装飾は、ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)とペリンの助手たちによって1545年から1457年にかけて行われました。


P2410844
ペリンの助手たちには、1547年にぺリン・デル・ヴァーガに弟子入りしたばかりのペッレグリーノ・ティバルディ’ヴェルソルダ、1527‐ミラノ、1596)、ジローラモ・シチョランテ・ダ・セルモネータ(セルモネータ、1521‐ローマ、1580)などがいました。
なお、ジローラモ・シチョランテはレオナルド・ダ・ピストイアの弟子でしたが、ペリンの協力者でした。ペリンの死後、未完成となっていたペリンのフレスコ画制作を引き継ぎ、完成させました。


P2410845
フレスコ画のテーマは、アレキサンダー大王の逸話とパオロ3世の生涯となってます。


P2410846


P2410847


P2410848


P2410842
天井にファルネーゼ家の紋章(写真左上)が描かれてます。


P2410849


P2410851
床の紋章


P2410852
ハドリアヌス帝


P2410854


P2410855
この男が描かれている意味が分かりません。


P2410856
次の部屋です。


P2410859
ペルセオ(ペルセウス)の間


P2410858
ロレンツォ・ロット(ヴェネツィア,1480c-ロレート,1556/1557)の「聖ジローラモ」


P2410860
ペルセオの間のフレスコ画は、ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)と助手たちによって1545年から1546年にかけて制作されました。


P2410861


P2410862


P2410863


P2410864
マーゾ・ディ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1536‐1571活動)周辺のフィレンツェの逸名画家による「玉座の聖母子と聖人たち」(16世紀)


P2410867


P2410871


P2410873


P2410874
詳細不明


P2410876
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430c‐アスコリ・ピチェーノ、1495)の「聖オノフリオ」


P2410878
カルロ・クリヴェッリ(ヴェネツィア、1430c‐アスコリ・ピチェーノ、1495)の「祈るキリスト」


P2410879
ジョヴァンニ・マルティーノ・スパンツォッティ(カザーレ・モンフェッラート、1455c‐キヴァッソ、1528以前没)の「ピエタ」


P2410881
次の部屋です。


P2410882
1540年台に建てられたパオロ3世の寝室です。


P2410883
フレスコ画は、ぺリン・デル・ヴァーガ(フィレンツェ、1501‐ローマ、1547)と助手たちによって制作されました。


P2410884


P2410885


P2410887
ジャンピエトロ・リッツィ通称ジャンピエトリーノ(ミラノ、1495‐1549)の「荊刑のキリスト」


P2410889
詳細不明の肖像画


P2410891
パリス・ボルドン(トレヴィーゾ、1500‐ヴェネツィア、1571)の「十字架を担ぐキリスト」


P2410892
マルチェッロ・フォゴリーノ(ヴィチェンツァ、1485c‐1558)の作品です。


P2410894
部屋からサンタンジェロ橋が見えました。


P2410896
16世紀初めに造られたジュリオ2世のロッジャです。


P2410895


P2410897
ロッジャのフレスコ装飾は、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの弟子によるものです。


P2410898
これで大体見たようです。


P2410899


P2410900


P2410901


P2410902


P2410903
サンタンジェロ城の模型


P2410904


P2410905


P2410906


P2410907


P2410909
外に出ました。


P2410911


P2410912


P2410913


P2410914
(おわり)