今回からマントヴァのフランチェスコ・ゴンザーガ教区美術館 Museo Diocesano "Francesco Gonzaga"です。フランチェスコ・ゴンザーガを題名に含めると長くなるので、単にマントヴァ教区美術館とします。
P2750013
マントヴァの公園のようなヴィルジリアーナ広場です。この場所は城壁外にあります。


P2750003
ヴィルジリアーナ広場に面してサンタグネス修道院だった建物が建ってます。この建物にフランチェスコ・ゴンザーガ教区美術館があります。


P2750004
8世紀、この場所に聖アグネスを奉献する小さな礼拝堂が建てられました。1248年に教会修道院が再建されました。


P2750007
1775年、オーストリアのマリア・テレジア女帝によって宗教活動が抑制され、教会修道院の建物は兵舎として使用されました。1806年、教会だった建物は解体破壊されましたが、修道院だった建物は破壊されずに現存しています。


P2750014
1974年、マントヴァの教会などから集められた絵画や彫刻、数多くの私的収集物などの展示が行われました。その後、一時的な展示会が数度行われ好評だったので、1983年に常設美術館としてオープンしました。
常設美術館オープンの際、フランチェスコ・ゴンザーガに捧げられました。


P2750357
逸名画家作の「フランチェスコ・ゴンザーガの肖像」です。
この美術館で展示されてます。
フランチェスコ・ゴンザーガ(カッツゥオーロ、1546‐マントヴァ、1620)はフランチェスコ会修道士で、チェファル―、パドヴァの司教を歴任した後、1593年にマントヴァ司教に任じられ、没するまでマントヴァ司教の座にありました。


P2750005
旧修道院への入り口


P2750010
旧修道院のキオストロ


P2750009
キオストロを取り囲む回廊の上階が美術館です。


P2750717
回廊を見て回りましたが、フレスコ画の痕跡さえもありません。


P2750011
案内標識に従って美術館に向かいます。


P2750015
美術館に入館しました。


P2750016
階段下に置かれている柱頭は、1806年に破壊されたサンタグネス教会のものです。(13世紀)


P2750017
階段を上って1F(日本の2階)に行きます。


P2750715


P2750714
詳細不明の彫刻


P2750020
1Fの廊下です。写真左がキオストロで、廊下の右に展示室があります。先ず廊下にある作品を見て回ります。


P2750018
廊下の壁にある絵画(詳細不明)


P2750019
廊下の壁にある絵画(詳細不明)


P2750021
コーニス断片(1世紀)


P2750023
Lucio Mestrio Catoneの墓碑(1世紀)


P2750026
Giulio- Claudia家のローマの貴婦人(1世紀)


P2750028
ロンゴバルドの装飾仕切り(8世紀)


P2750030
司教座教会の初代建物にあった説教壇の断片(9世紀)


P2750031


P2750032


P2750033


P2750035
Porta Leonaの印刷物(18世紀)


P2750037
守護ライオン像(11‐12世紀)


P2750039
ジュゼッペ・リヴェッリの「パルミジャニーノ作『カノッサのマティルデの肖像』のコピー画」(19世紀)


P2750040
カノッサのマティルデ(マントヴァ?、1046‐ボンデーノ・ディ・ロンコーレ、1115)は、トスカーナ女辺境伯で、1077年に所領のカノッサ城で「カノッサの屈辱」事件が起きたことで有名です。


P2750042
マントヴァのサン・ピエトロ大聖堂の柱頭(11世紀)


P2750043


P2750045


P2750046


P2750048
受胎告知される聖母(14世紀)


P2750051
Azzone Gonzagaの墓碑(1412)


P2750052
Domus Novaの寄進碑(15世紀)


P2750054
ヨハネ黙示録の天使(15世紀)


P2750057
シエナの聖ベルナルディーノのトリグランマ(15世紀)


P2750060
フィレンツェ派逸名画家作「聖母子」(15世紀)


P2750063
ミケーレ・ダ・フィレンツェ(フィレンツェ、1385‐1455c)の「ピエタのキリスト」(15世紀)


P2750067
(つづく)