P2850597
次の展示コーナーです。


P2850599
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「エリザベッタ・ファルネーゼのチェント・クローチ山でのファルネーゼ家からの旅立ち」(1720‐21)


P2850601
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「フランチェスコ・ファルネーゼ公爵とゴッサディーニ枢機卿の邂逅」(1714‐17)


P2850604
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「宮廷への訪問」(1715‐17)


P2850607
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「初子の前のフィリッポ5世とエリザベッタ・ファルネーゼ王妃」(1716以降)


P2850610
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「兵士の乗船」(1730‐31)


P2850614
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「勝利」(1670‐80)
この作品は、ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還されました。


P2850617
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「バルディとコンピアーノ要塞の鍵を受け取るラヌッチョ2世」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850620
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「建物建設に助力するファルネーゼ家皇太子」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850623
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ピエル・ルイージ・ファルネーゼをピアチェンツァとパルマの公爵に叙する教皇パオロ3世」(1690‐95)
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850625
イラーリオ・スポルヴェリーニ(パルマ、1657‐ピアチェンツァ、1734)の「ピエル・ルイージ・ファルネーゼをキエーザの行政長官に任命する教皇パオロ3世」(1690‐95)
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850628
次の部屋です。


P2850629
第24室です。


P2850630
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「静物画」(1720c)


P2850632
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「静物画」(1720c)


P2850636
バルダッサッレ・デ・カーロ(ナポリ、1689‐1750)の「狩猟の戦利品」
ファルネーゼ・コレクションの一つで、ナポリに移されましたが、後にピアチェンツァに返還された作品です。


P2850639
18世紀後半のエミリアの逸名画家作「四季の寓意」


P2850641


P2850643


P2850645


P2850647


P2850650
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「桃」(1710c)


P2850653
フェリーチェ・ボゼッリ(ピアチェンツァ、1650‐パルマ、1732)の「キノコと鳩」(1710c)


P2850656
アントニオ・ジャンリージ(クレモナ、1677‐1727)の「静物画」


P2850658
アントニオ・ジャンリージ(クレモナ、1677‐1727)の「静物画」


P2850662
セバスティアーノ・チェッカリーニ(ファーノ、1703‐1783)の「フランチェスコ・ランディ・ピエトラ枢機卿の肖像」(1743‐57)


P2850664
セバスティアーノ・ガレオッティ(フィレンツェ、1676‐モンド―ヴィ、1741)の「聖チェチリア」(1720‐30)
ピアチェンツァのサン・ヴィンチェンツォ教会にありました。


P2850668
オノリオ・マリナーリ(フィレンツェ、1627‐1715)の「モーゼの発見」


P2850671
アレッサンドロ・マニャースコ工房作「修道士がいる風景」


P2850673
次の部屋です。


P2850674
第25室は、絵画館の最終展示室になります。


P2850675
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734‐ボローニャ、1802)の「ウリッセとキルケとメルクリオ」(1766)


P2850679
ガエターノ・ガンドルフィ(サン・マッテオ・デッラ・デチーマ、1734‐ボローニャ、1802)の「エットーレの遺体を引きずるアキレス」(1801)


P2850681
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「カテリーナ・アングィッソーラ・ダ・トラヴォの肖像」(1790‐92)


P2850685
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「自画像」(1817)


P2850687
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「博士たちとの問答」(1812‐17)
ピアチェンツァのサンタ・マリア・デッラ・パ―チェ教会にありました。


P2850692
ロレンツォ・トンチーニ(カロル祖、1802‐ピアチェンツァ、1884)の「負傷した剣闘士」(1828‐30)


P2850695
カルロ・マリア・ヴィガノーニ(ピアチェンツァ、1784‐1839)の「アンジェロ・マイ閣下の肖像」(1820‐22)


P2850697
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「ラヌツィオ・アングィッソーラ・ダ・グラッツァーノとその息子の肖像」(1791‐92)


P2850700
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「ビアンカ・スタンパ・ディ・ソンチーノ伯爵夫人の肖像」(1791)


P2850703
ガスパーレ・ランディ(ピアチェンツァ、1756‐1830)の「愛犬とジャコモ・ロータ伯爵の肖像」(1798)


P2850707
フランチェスコ・モンティ通称イル・ブレーシャニーノ(ブレーシャ、1646‐パルマ、1712)の「ピアチェンツァのフィエラの光景」(1705c)
絵画館はこれで終わりです。
(つづく)