P1080164
ピアチェンツァのインペラトリーチェ・アンジルベンガ通りです。


P1080165
ボッセリ門です。


P1080166
門を潜るとサン・シスト通りに出ます。


P1080168
サン・シスト通りの突き当りに教会があります。


P1080285
教会の入り口に門があります。


P1080169
神聖ローマ帝国皇帝ルドヴィーコ2世の妻Engelberga d'Alasaziaによって、852年から874年に建設された教会が前身です。その後、修道院が建設され、エンゲルベルガ皇后は、大修道院長に任命されました。
中世の頃、この修道院に対して特権と特典が与えられ、大変な勢力でした。
1129年、修道院はポリローネのベネデット会の所有となりました。
1425年、ベネデット会派のカッシネージ修道会に引き継がれました。


P1080284
1622年に建設された門を潜って中庭に入ります。


P1080170
15世紀後半、建物が経時劣化したので、それを取り壊し、その上に新しい建物を建設することになり、1490年創建、1511年に完成したルネサンス様式の建物が現在の姿です。


P1080279
1591年に完成したファサードは、1755年に現在の姿に改装されました。


P1080172
中庭を囲んで回廊が設けられてます。


P1080171
ファサードに向かって右側の回廊


P1080179
ファサード前から見たサン・シスト通り


P1080283
旧修道院の建物


P1080278
修道院は、1810年に活動が停止され、兵舎として使用されました。その後、一度も宗教活動が行われることなく現在に至ってます。


P1080174
回廊の壁に修道士のフレスコ画が描かれてます。


P1080175


P1080176


P1080177


P1080173
これについては、後述します。


P1080180
中に入りました。


P1080182
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1080181
美術的に見所が豊富です。


P1080183
右側廊の礼拝堂から見て行きます。


P1080184
五廊式と間違えそうな造りです。


P1080185
ジュゼッペ・ランブーリに帰属する「キリストの洗礼」


P1080187
ジェルヴァシオ・ガッティ(クレモナ、1550‐1631)の「聖ベネデットと聖マウロをもてなすトティラ王」(1585c)


P1080189
16世紀の逸名画家作「聖ジュゼッペの死」
ベルナルド・カンピの作品説もあるようです。


P1080191
逸名彫刻家作「チントラの聖母」(16世紀)
サンタ・マリア・イン・ボルゲット教区教会にあったそうです。


P1080193
右側廊の第3礼拝堂です。


P1080195
第3礼拝堂のフレスコ画は、アントニオ・カンピ(クレモナ、1524‐1587)の「砂漠の聖ジローラモ」(1570c)


P1080197
セバスティアーノ・ノヴェッリの「聖母子と聖人たち」(1530)


P1080198
タッデオ・ズッカリ(ウルビーノ、1529‐ローマ、1566)に帰属する「キリストの埋葬」


P1080203
右側廊第4礼拝堂です。


P1080201
カミッロ・プロカッチーニ(パルマ、1561‐ミラノ、1629)の「天上の聖母子と聖トンマーゾと聖カルロ・ボッロメオと聖フランチェスコ」(1610)


P1080201
逸名画家作「聖家族とパドヴァの聖アントニオと聖マルゲリータ」


P1080207
詳細不明


P1080208
エミリオ・ビアンキの「聖エレーナ」(1575)


P1080209
フランチェスコ・ギットーニ(リッツォ―ロ、1855‐ピアチェンツァ、1928)の「ピエタ」


P1080213
パルマ・イル・ジョーヴァネ(ヴェネツィア、1549‐1628)の「聖バルバラの殉教」


P1080215
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピットーニ(ヴェネツィア、1687‐1767)の「聖ロレンツォの殉教」(1741c)
(つづく)