P2890005
王立武器庫への順路を進みます。


P2890006
Cabinet "A La Chine"


P2890008
部屋の名称の由来となったキャビネット


P2890007
この部屋のフレスコ画は、クラウディオ・フランチェスコ・ボーモント(トリノ、1694‐1764)によって1735年に制作されました。


P2890010


P2890011


P2890013


P2890014
彫刻の傑作があります。


P2890015
フランチェスコ・ベルトス(ヴェネト、ドーロ、1678‐1741)の作品


P2890016
フランチェスコ・ベルトス(ヴェネト、ドーロ、1678‐1741)の作品


P2890017
次の部屋です。


P2890023
この部屋のフレスコ画の制作者が分かりません。(私が分からないという意味です)


P2890022


P2890025
王立武器庫です。


P2890027
詳細不明


P2890028


P2890030


P2890032


P2890034


P2890035


P2890036


P2890037


P2890038


P2890039
天井のフレスコ


P2890040


P2890041


P2890042


P2890043


P2890044


P2890045


P2890046


P2890047


P2890048


P2890049


P2890050


P2890051


P2890052


P2890053


P2890054


P2890055


P2890056


P2890057


P2890058
(つづく)