P2820596
レッジョ・エミリアの街の中心Piazza Prampoliniです。


P2820575
Piazza Prampoliniに面して建っているレッジョ・エミリア大聖堂です。


P2820585
レッジョ・エミリア=グスタッラ司教区の司教座教会 Cattedrale di Santa Maria Assunta です。


P1080126
伝承によれば、451年創建の初期キリスト教会がこの地にあり、それが前身とされてますが、その記録が残ってません。9世紀の文書にこの教会の存在が記されており、それ以前に建設されたことは確実です。
現在の教会の姿は、13世紀に再建されたロマネスク様式の建物を基本に、その後、次々に改造改修が行われましたが、1599年に一応の完成を見たルネサンス様式の建物です。


P1080127
外観の特徴は、ファサード上にある八角形の鐘楼です。
13世紀初めに完成した鐘楼ですが、完成間もなくの1228年に発生した大地震によって倒壊してしまったので、1268年に八角形の現在の姿に再建されたものです。
写真右端は、Torre del Bordelloです。


P2820586
鐘楼の金色の聖母子像は、バルトロメオ・スパーニ(レッジョ・エミリア、1468‐1539)によって1522年に制作されました。


P1080123
ドゥオーモの洗礼堂は、ファサードに向かって左側にあるドゥオーモに隣接する建物の左端にあります。


P1070040
ドゥオーモの洗礼堂


P1070041
洗礼堂扉上ルネッタ上の「キリストの洗礼」の浮彫


P1080117
サン・プロスペロ広場から見えるドゥオーモの後陣


P2820587
ドゥオーモのファサードに戻ります。
ファサードの扉上にある彫刻は、プロスペロ・ソガリ通称イル・クレメンテ(レッジョ・エミリア、1516‐1584)の「アダムとイヴ」(1584)です。


P2820590
ファサードの壁龕に4体の彫像がありますが、これらは街の4聖人のものです。4体の彫刻ともプロスペロ・ソガリ通称イル・クレメンテ(レッジョ・エミリア、1516‐1584)によって制作されました。
こちらは「聖グリサンテ像」です。


P2820591
「聖ヴェネリオ像」


P2820593
「聖ジョコンダ像」


P2820595
「聖ダリア像」


P2820596


P1060973
メイン扉上にあったフレスコ画は、Museo Diocesanoに移されました。


P2820597
聖堂内に入りました。


P2820598
三廊式、ラテン十字形、バロック様式の聖堂内部です。


P2820599
1832年の大地震によって大きな被害を受けたので、その後、大修復工事が行わマした。そのため、かなり修正が加えられた内部は新しく見えます。


P2820600
縦が73.3mあります。


P2820601
天井の装飾


P2820603
左側廊


P2820604
左側廊から見た身廊方向


P2820606
左第1礼拝堂


P2820607
Cappella dei Notaiの扉が閉まっていました。


P2820609
鉄柵の間にカメラを入れて撮りました。
「Madonna Tacoli」(1250c)


P2820610
次の礼拝堂です。


P2820612
ルイージ・アングィッソーラ(1479‐1553)の「玉座の聖母子と聖ジローラモとアレッサンドリアの聖カテリーナ」(1520c)


P2820614
次の礼拝堂です。


P2820617
グイド・レーニの「大天使聖ミケーレ」に似てますが、制作者は不明のようです。


P2820619
ジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ通称グエルチーノ(チェント、1591‐ボローニャ、1666)の「聖母被昇天と聖ジローラモと聖ピエトロ」


P2820622
ポマランチョ?の作品


P2820624
カルロ・ボノーニ(フェラーラ、1569‐1632)の「聖セバスティアーノ」


P2820625
左翼廊の礼拝堂


P2820627
オラツィオ・タラーミ(1624‐1708)の「嬰児虐殺」


P2820628
Cappella Santissimo


P2820629


P2820630
右翼廊の礼拝堂


P2820632
詳細不明
(つづく)