P1360813
パドヴァの聖アントニオ礼拝堂です。


P1360815
ジョヴァンニ・アントニオ・ガッリ通称ロ・スパダリーノ(ローマ、1585‐1652)の「パドヴァの聖アントニオ」(1603c)


P1360818
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)によって描かれたパドヴァの聖アントニオ礼拝堂の天井フレスコ画(1640‐50)


P1360821
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の作品(パドヴァの聖アントニオ礼拝堂左側壁)(1640‐50)


P1360816
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の作品(パドヴァの聖アントニオ礼拝堂右側壁)(1640‐50)


P1360822
アッシジの聖フランチェスコ礼拝堂です。


P1360824
ジローラモ・ムツィアーノ派逸名画家作「法悦の聖フランチェスコ」


P1360825
ジローラモ・ムツィアーノ派逸名画家によるフランチェスコ礼拝堂左側壁のフレスコ画


P1360826
ジローラモ・ムツィアーノ派逸名画家による聖フランチェスコ礼拝堂右側壁のフレスコ画


P1360832
聖バルバラの礼拝堂です。


P1360835
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家作「聖バルバラと天使」(1650c)


P1360838
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家によって描かれた聖バルバラ礼拝堂天井のフレスコ画


P1360837
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家によって描かれた聖バルバラ礼拝堂左側壁のフレスコ画


P1360836
カヴァリエール・ダルピーノ派逸名画家によって描かれた聖バルバラ礼拝堂右側壁のフレスコ画


P1360839
聖アレッサンドロ礼拝堂です。


P1360841
ルーベンス派逸名画家作「聖アレッサンドロの殉教」(1640c)


P1360843
フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)によって描かれた聖アレッサンドロ礼拝堂天井のフレスコ画(1640)


P1360847
聖アレッサンドロ礼拝堂左側壁の、フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の「聖アレッサンドロの有罪判決」(1640)


P1360845
聖アレッサンドロ礼拝堂右側壁の、フランチェスコ・アッレグリーニ・ダ・グッビオ(グッビオ、1587‐ローマ、1663)の「聖アレッサンドロの殉教」(1640)


P1360849
ヴィテルボの聖ローザとパレルモの聖ロザルタの礼拝堂です。


P1360851
17世紀中頃のローマの逸名画家作「ヴィテルボの聖ローザとパレルモの聖ロザルタ」


P1360855
礼拝堂左側壁


P1360854
礼拝堂右側壁


P1360861
この日、クリプタは閉まったままでした。


P1360862
詳細不明


P1360863


P1360864


P1360865


P1360875
ドメニコ・カステッリ?の墓


P1360877
聖堂内部から回廊に出ました。


P1360888
回廊は17世紀に建設されました。


P1360878
中庭のフォンターナ


P1360880
回廊の壁にフレスコ画があります。


P1360882
17世紀中頃にローマの逸名画家によって描かれました。


P1360884


P1360902


P1360886
見所がもう一つあるので見逃さないように。


P1360890
これが必見とされてます。


P1360891
大きなプレセピオです。


P1360892
18世紀にナポリで作られたものです。


P1360893
イタリアで最大のプレセピオと言われてますが、事実?


P1360894


P1360895


P1360896


P1360897


P1360898
教会の扉を閉める鉦の音が聞こえてきました。


P1360901
回廊に出て、出口に向かいました。


P1360904
外に出ると直ぐに扉が閉められました。


P1360905
ロムルス神殿の中に入ることが出来ず、それが残念でした。


P1360906
(この項、おわり)