P1080329
ヴェルディ像の後方に建っているのは、985年着工のRocca Pallavicinoです。


P1080333
1216年、ピアチェンツァ・ミラノ連合軍によってRoccaは破壊されましたが、1249年、神聖ローマ帝国皇帝フレデリック4世によって再建されました。


P1080339
Rocca Pallavicinoは、1543年、カルロ5世と教皇パオロ3世が邂逅した地として有名です。
時計塔下のアーチを潜って一旦中庭に出ます。


P1080340
中庭の南側の建物


P1080342
中庭からヴェルディ広場の反対側に出ます。向こう側は普通の住宅地となってます。


P1080344
Rocca Pallavicinoの裏側
1856年、Rocca Pallavicinoは、パルマ公爵からブッセートのコムーネに売却されました。当時のRoccaは非常に荒廃していたので、そのままでは使用不可でした。荒廃していた部分を取り壊して、一部を除いて再建されることになり、1857年から1868年にかけて現存する大部分が新古典様式で再建されたものが現在の姿です。


P1080343
広場に面した時計塔と狭間のある塔の部分は16世紀のものです。


P1080341
ヴェルディ広場側に出ます。


P1080379
Rocca Pallavicinoのファサードに向かって時計塔の左側はPalazzo Comunale、時計塔の右側がTeatro Giuseppe Verdiです。


P1080338
1857年から1868年に建設されたTeatro Giuseppe Verdiです。


P1080347
公演がない日は一般公開されてます。この日は公演日でした。


P1080346
客席数が僅か307席の小さな劇場ですが、オペラが上演されてます。毎年10月にパルマとその近郊で開催されるヴェルディ・フェスティヴァルの会場になってます。


1
劇場内部


P1080344
この日の演目はヴェルディの「ファルスタッフ」でした。


P1080351
オペラ上演の実態は、パルマ・オペラ座の出張公演です。


P1080345
ヴェルディ広場近くの教会を見に行きます。


P1080332
広場の端に教会が建ってます。


P1080354
ローマ通りを越えます。


P1080352
サン・バルトロメオ参事会教会 Collegiata di San Bartolomeoです。


P1080353
1437年に着工されたゴシック様式の教会です。


P1080355
ファサードのフレスコ画の痕跡


P1080364
後陣と鐘楼


P1080363
ブッセートのドゥオーモに相当しますが、地元ではドゥオーモと呼ばれていないようです。


2
1767年、ロココ式に改修された内部です。


3
ミケランジェロ・アンセルミ(ルッカ、1491/1492-パルマ、1556)によって1538年から1539年にかけて制作されたフレスコ画


4
ミケランジェロ・アンセルミのフレスコ画


P1080359
サン・バルトロメオ参事会教会の右奥に、14世紀から15世紀に建設されたOratorio della Santissima Trinitaがあります。


P1080358
1836年、ジュゼッペ・ヴェルディとヴェルディの最初の妻マルゲリータ・パレッツィと結婚式を挙げた祈祷所として有名です。


P1080373


P1080374


P1080366
ローマ通りの突き当りにも教会があります。


P1080371
サンタ・マリア広場に面して建つサンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会です。


P1080370
前身は、1472年から1518年に建設された病院付属の礼拝堂です。病院は後に取り壊され、独立した礼拝堂になりました。
新古典様式の現在の建物は、1804年に再建された二代目のものです。


P1080369
1805年、ジュゼッペ・ヴェルディの両親がこの教会で挙式しました。


P1080368
サンタ・マリア広場にあるメルカト


P1080367
この辺がブッセートの中心地となります。


P1080372
サンタ・マリア広場から見えるサン・バルトロメオ参事会教会の鐘楼


P1080356
(つづく)