P1080414
1518年に建設されたVilla Pallavicinoです。
ヤコポ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラ通称イル・ヴィニョーラ(ヴィニョーラ、1507‐ローマ、1573)、またはドナート・ブラマンテ(フェルミニャーノ、1444‐ローマ、1514)の設計と言われてますが、私としては、この説に疑問を持ってます。イル・ヴィニョーラは、このヴィッラの完成した1518年にはわずか11歳ですから設計者としては有り得ないと思います。ブラマンテが最晩年に設計し、死後にヴィッラが完成したことは有り得ますが、晩年のブラマンテの活動を考えると、設計者の確率は極めて低いと思います。


P1080416
1530年、神聖ローマ帝国皇帝カルロ5世の宿泊所として、パッラヴィチーノ家がこの建物を購入しました。それ以降、ヴィッラ・パッラヴィチーノと呼ばれることになりました。
1543年、このヴィッラでカルロ5世と教皇パオロ3世の面会が実現します。


P1080420
国立ヴェルディ博物館に入館しました。


P1080423
カルロ5世と教皇パオロ3世の邂逅を描いた絵画


P1080421
この時は館内写真不可でした。


P1080422
ヴィッラの門


P1080417
ヴィッラは堀に囲まれて建ってます。


P1080418
イタリア・オペラ好きには必訪と言える博物館でしょう。


P1080424
次は、Villa Pallavicinoの向かいに建っているサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会修道院です。


P1080425
15世紀中頃、パッラヴィチーノ州を作り、その支配者だったロランド・パッラヴィチーノ(ブッセート、1393‐1457)が、この地に教会を建設することを決めましたが、その生前には実現せず、教会建設を遺言しました。その遺言に基づき、ロランドの息子兄弟によって1470年から1474年に建設された後期ゴシック様式の教会です。
併設の修道院は1472年から1474年に建設されました。


P1080427
ファサード前の庭に白鳥の置物があります。


P1080429
1475年、教会と修道院はフランチェスコ会修道士に引き渡されました。


P1080430
幾つかの芸術作品がある教会修道院として知られてます。
その一つが入口扉上ルネッタのフレスコ画です。アントニオ・カンピ(クレモナ、1522‐1587)の「聖母被昇天とフランチェスコ会修道士たち」(1580c)


P1080431
もう一つの扉上のフレスコ画もアントニオ・カンピの作品です。


P1080428
扉が開いていました。


P1080432
中に入りました。


P1080434
四廊式、ゴシック様式の内部です。


P1080459
左側に2つの側廊があります。


P1080460
左側に修道院への通路がありますが、この日は閉鎖されていました。


P1080461


P1080433
右側壁


P1080458
右側廊


P1080435
16世紀の逸名彫刻家作「Madonna delle Grazie」(16世紀)


P1080462
Cappella di Sant'Antonio


P1080437
制作者情報不知の「聖アントニオの祭壇」(19世紀)


P1080465
一部がモザイク


P1080464


P1080439
ゴシック様式逸名画家作「Madonna del Canale」(15世紀)


P1080444
詳細不知


P1080445
詳細不知


P1080446
グイド・マッツォーニ(モデナ、1450‐1518)の「嘆き」(1475‐76c)


P1080447
グイド・マッツォーニの代表作の一つです。


P1080451
中央礼拝堂後陣の磔刑像


P1080453
詳細不知の主祭壇画


P1080454
ニコロ・デッラバーテ(モデナ、1510c‐フォンテーヌブロー、1571)の「十字架を担ぐキリスト」(1543‐44c)


P1080457
アントニオ・カンピ(クレモナ、1522‐1587)の「聖母子と聖フランチェスコ」(1580)


P1080450
主祭壇前から見た出入口方向


P1080468
外に出ました。


P1080466
立ち去る前に、もう一度ファサードを見ました。


P1080467
道の両側に低い城壁があります。


P1080469
(おわり)