P2360988
サンタンドレア教会の扉は閉まったままです。


P2360989
この町で2泊の予定でしたが、市立絵画館を見てしまうと、やることがないのを知って愕然。


P2370216
まだ1日半あります。


P2370217
花祭りの準備状況を見る以外にありません。


P2370218
残るはテガ礼拝堂くらいです。


P2370219
写真右は、Cappella Tega またはサンタンナ礼拝堂と呼ばれている礼拝堂です。


P2370220
この付近に聖アンナ友愛同信会の病院がありましたが、その病院付属の礼拝堂です。
建設された年は特定されてませんが、15世紀の公証書にこの礼拝堂の記載があります。
1895年から20世紀初頭にかけて、礼拝堂の建物は店として使用されていましたが、店の主人の一人である仕立屋ピエトロ・テガがフレスコ画を発見したことで、Cappella Tegaの呼称となりました。


036
礼拝堂の壁に描かれたフレスコ画が有名です。


037
今は閉じられているが、2017年の修復以前には側壁のガラス窓の一か所が開けられていて、そこから中を覗くことが出来ました。


P2370221
ガラス窓越しではフレスコ画が良く見えません。また、写真の方もガラスに向かいの景色が映ってしまって、良く撮れません。


032
2人の画家によってフレスコ画が描かれたことが分かってます。
天井部分のフレスコ画は、ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・マッツァフォルテ(フォリーニョ、1404‐1463)に帰属します。


035
フレスコ画は、逐次修復が行われているようで、撮った時期によってフレスコ画の状態が違います。


8
ピエトロ・ディ・ジョヴァンニ・マッツァフォルテ(フォリーニョ、1404‐1463)に帰属する「聖母子と聖アンナ」


038
保存状態があまり良くないと思います。


039
ニッコロ・ディ・リベラトーレ通称ニッコロ・アルンノ(フォリーニョ、1430‐1502)の「磔刑」(1461)


9
最近の修復後の磔刑


10
この部分はニッコロ・アルンノの作品と特定されてます。


11


034


033


040
Cappella Tegaの番地です。


P2370222
道の突き当りに教会の建物があります。


P2370223
1444年に奉献式が執り行われた旧Oratorio di San Bernardinoです。
現在は民家となってます。


P2370224
ファサードのフレスコ画「聖ベルナルディーノ」


P2370226
このまま、この町にいても面白くないので、午後は何処に行こうかと考えていました。


P2370227



P2370228
花祭りの準備が着々と進んでます。


P2370229
ここはかなり具体的に準備してました。


P2370230
花で埋め尽くす設計図が用意されてます。


P2370232
成程こうやってやるのか、と感心しました。


P2370233
Porta Consolare


P2370234


P2370236
ここの準備はどうでしょうか。


P2370239
設計図が用意されてます。


P2370237
ケネディ広場


P2370238
まだ11時半です。昼食には少し早すぎます。


P2370240
詰まらないので、隣のフォリーニョに行くことにしました。


P2370241
駅に向かいました。


P2370242
駅は静かでした。


P2370243フォリーニョ行きの列車に乗りました。
(つづく)