引き続きサンタ・トリニータ聖堂です。
131
ロレンツォ・モナコ(シエナ?、1370c-フィレンツェ、1425c)の「受胎告知」(1424)


132
Cappella Bartolini Salimbeniのフレスコ画です。
ロレンツォ・モナコ(シエナ?、1370c-フィレンツェ、1425c)の「聖ジョアッキーノと聖アンナの邂逅」(1420-24)


136
ロレンツォ・モナコ(シエナ?、1370c-フィレンツェ、1425c)の「聖母の結婚」(1420-24)


135
ロレンツォ・モナコ(シエナ?、1370c-フィレンツェ、1425c)の「聖母の死」(1420-24)


138
ロレンツォ・モナコによるCappella Bartolini Salimbeni天井フレスコ画


141
マーゾ・ダ・サン・フリアーノ(フィレンツェ、1531‐1571)の「キリストの復活」(1552)


144
フランチェスコ・クッラディ(フィレンツェ、1570‐1661)の「聖母子と聖人たち」


145
ジョヴァンニ・トスカ―ニ(フィレンツェ、1372‐1430)の「ピエタ」(1424)


526
Cappella Sassettiです。


151
ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、1448‐1496)のフレスコ画で有名なCappella Sassettiです。


152
メディチ銀行の総支配人だったフランチェスコ・サッセッティ(フィレンツェ、1421‐1490)がドメニコ・ギルランダイオに注文して描かれたフレスコ画です。


150
フレスコ画のテーマは「聖フランチェスコの生涯」(1483‐86)です。


149
ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、1448‐1496)の「羊飼いの礼拝」(1485)


155
羊飼いの礼拝に向かって右端にフランチェスコ・サッセッティが描かれてます。


527
ドメニコ・ギルランダイオ(フィレンツェ、1448‐1496)の「祈るフランチェスコ・サッセッティ」(1483‐86)
国父コジモ・イル・ヴェッキオ(フィレンツェ、1389‐1464)には、痛風病みのピエロ、ピエロ・イル・ゴットーゾ(フィレンツェ、1416‐1469)とジョヴァンニ・ディ・コジモ・デ・メディチ(フィレンツェ、1421‐1463)の2人の息子がいました。
フランチェスコ・サッセッティを雇ったコジモ・イル・ヴェッキオは、フランチェスコの才を認めてジュネーヴ支店の経営を任せましたが、コジモの期待違わず、支店の業績は向上しました。
コジモの次男ジョヴァンニは若いころ芸術に傾倒して銀行業に熱心ではなかったので、コジモは、フランチェスコをジョヴァンニの家庭教師にしました。ジョヴァンニは徐々に頭角を現してきたので、コジモは病弱の長男ピエロよりもジョヴァンニに大きな期待を寄せていました。
1459年、フランチェスコはメディチ銀行の総支配人に任じられました。
コジモの死の1年前にジョヴァンニが若くして亡くなってしまいました。
病弱のピエロは、銀行業に精を出すことなく1469年に没してしまい、ピエロの後を継いだロレンツォ・イル・マニーフィコも家業の銀行業には不熱心でした。
コジモの晩年からメディチ銀行の業績は徐々に下降線に入っていましたが、ピエロ、ロレンツォ父子の本業不熱心によって、メディチ銀行はやがて倒産してしまいます。その間の経営の担い手は総支配人であるフランチェスコですから、彼の手腕には大いに疑問符が付くと思います。
こんなことを思いながら、フレスコ画を見るのも一興です。


157
クリストファノ・アローリ(フィレンツェ、1577‐1621)とザノービ・ロッシ(フィレンツェ、1577‐1631)の「San Pietro sulle acque」(1621)


158
ファブリツィオ・ボスキ(フィレンツェ、1572‐1642)とマッテオ・ロッセッリ(フィレンツェ、1578‐1650)によって制作されたCappella Usimbardiの天井フレスコ画(1643)


160
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリ(フィレンツェ、1551‐1640)の「天国の鍵を聖ピエトロに託すキリスト」(1607)


163
フェリーチェ・パルマ(マッサ、1583‐1625)の「磔刑」(1614)


170
Cappella Scaliです。
ルカ・デッラ・ロッビア(フィレンツェ、1400‐1482)の「ベノッツォ・フェデリギの墓」(1454)


165
ジョヴァンニ・ダ・ポンテ(フィレンツェ、1385‐1438)の「聖ジョヴァンニ・バッティスタの斬首」(1434)


166
ジョヴァンニ・ダ・ポンテ(フィレンツェ、1385‐1438)の「聖バルトロメオの殉教」(1434)


169
ジョヴァンニ・ダ・ポンテとスメラルド・ディ・ジョヴァンニのCappella Scali天井のフレスコ画


173
Cappella di San Giovanni Gualberto


178
ドメニコ・クレスティ通称イル・パッシニャーノ(タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ぺーザ、1559‐フィレンツェ、1638)の「フランスのルドヴィーコ9世を歓迎する聖ジョヴァンニ・グアルベルト」(1593‐94)


177
パッシニャーノの作品


179
Cappella Spini


180
デジデリオ・ダ・セッティニャーノ(セッティニャーノ、1430c‐フィレンツェ、1464)の「聖マッダレーナ・マリア」(1450c)


184
アレッソ・バルドヴィネッティ(フィレンツェ、1425‐1499)の「司教聖人」(1470)


182


186
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1418/1420-1492)の「聖ジョヴァンニ・グアルベルトと聖人たち」(1455)


191
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1418/1420-1492)の「受胎告知」(1475)


193
ビッチ・ディ・ロレンツォ(フィレンツェ、1373-1452)の「聖母戴冠」(1430)


196
Cappella Davanzati
マーゾ・ディ・バンコ(フィレンツェ、?-1348)の追随者作「アレッサンドリアの聖カテリーナの物語」(1340-50)


198
マーゾ・ディ・バンコの追随者作「受胎告知」(1340-50)


200
アントニオ・デル・チェライオーロ(フィレンツェ、1520-1525記録、1538c没)の「シエナの聖カテリーナと聖ニッコロの神秘な結婚」(1515-20)


204
ミケーレ・トシーニ通称ミケーレ・ディ・リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1503-1577)の「受胎告知」(1570)


208
リドルフォ・デル・ギルランダイオ(フィレンツェ、1483-1561)の「聖ジローラモ」(1558)


210
ヤコポ・キメンティ・ダ・エンポリ(フィレンツェ、1551-1640)の「受胎告知」(1603)


213
ポンぺオ・カッチーニ(フィレンツェ、1577-ローマ、1624)の「聖ルチアの殉教」(1606)


217
コジモ・ガンベルッチ(フィレンツェ、1562-1621)の「聖アレッシオの葬儀」(1605)


220
Cappella Strozzi Sinistraの天井フレスコ画です。
ベルナルディーノ・ポッチェッティ(フィレンツェ、1548-1612)の「天国」


222
ジョヴァンニ・ダ・ポンテ(フィレンツェ、1385-1438)によるCappella Diniのフレスコ画


223
15世紀のフィレンツェの逸名画家作「受胎告知される聖母」


229
修道院、キオストロ回廊、クリプタに入ることが出来ませんでした。


228
祭壇をもう一度見てから外に出ました。


233
(つづく)