P2370788
次の部屋です。


P2370789
別名「教皇の間」と呼ばれてます。


P2100288
1439年、トリンチ家が追放され、フォリーニョは教皇領となりましたが、教皇がフォリーニョに来る際、この部屋が居室として用意されました。


P2100289
教皇の間の壁にフレスコ画あります。


P2100292
時期は不明ですが、修復の際、フレスコ画の上に漆喰が塗られてしまいました。最近行われた修復の際に、フレスコ画が発見されたそうです。


P2100294
フレスコ画のテーマは、架空の話の寓意画のようです。


P2100296
アッシジの画家ドーノ・ドーニ(アッシジ、1500c-1575)の帰属作品とされており、16世紀前半に制作されました。


P2100297
ボロンズィーノの寓意画の影響を受けているとされてます。


P2100300


P2100301


P2100305


P2370794
展示物がありません。


P2370796


P2370797
次の部屋です。


P2370798
ジョヴァンニ・バッティスタ・マイーニ(カッサーノ・マニョーゴ、1690-ローマ、1752)の「聖フェリチャーノ」(1733)
聖フェリチャーノはフォリーニョの守護聖人です。


P2370800
詳細不明


P2370801
展示物を入れるためのもの?


P2370802
これも展示物用?


P2370803
何の目的なのか、サッパリ分からない。


P2370804
次の部屋です。


P2370805
説明板などがありません。


P2370806
目的など意味不明の部屋が多いようです。


P2370807
次の部屋です。


P2370808
聖職者の法衣


P2370809


P2100313


P2370812
順路に従って進みます。


P2370811
次の部屋です。


P2100314
19世紀の計量器
塩などの量り売りに使用されていました。


P2100316


P2100317
フォリーニョの紋章入りの絵皿


P2100318
フォリーニョの画家ニッコロ・ディ・リベラトーレ通称ラルンノの顔が描かれた絵皿


P2100319
詳細不知


P2100321
制作者情報不知の「ジョヴァンニ・アントニオ・ジーリの肖像」(1588)


P2100323
廊下です。


P2370813
この先に2つの扉があります。


P2370815


P2370816


P2370817


P2370818


P2100328
ミラノ・スカラ座の部屋に戻ってしまいました。
廊下にもう一つ扉があります。


P2100335
もう一つの扉から中に入ると、中は絵画館でした。
(つづく)