136
普段の水位が分からないので、潮が満ちているのか、引いているのが分かりません。


137
橋を渡ってサンタ・マリア・フェルモーザ広場に向かいます。


138
水位を暫く見ていたら、どうやら満ちていることが分かりました。


139
橋を渡りました。


140
Rio di Santa Marinaでしょうか?


141
サンタ・マリア・フォルモーザ教区教会です。2つのファサードがありますが、こちらは西側のファサードです。西側がメイン・ファサードで、北向きのファサードがサイド・ファサードになります。


143
639年に創建されました。現在のルネサンス様式の建物は、1492年の工事着工、16世紀に一応の完成を見た二代目のものです。


142
西側のメイン・ファサードは1542年に建設されました。
1624年に地震によって大きな被害を受けたので、その後に修復されたそうです。


146
1604年に建設された北向きのサイド・ファサードです。


147
1688年に建設されたバロック様式の鐘楼です。
1807年のナポレオンの抑圧令によって宗教活動が一時停止されましたが、ナポレオンの失脚後活動が再開されました。
また、第一次世界大戦でオーストリア軍の爆撃を受け、戦後に大修復されました。第二次世界大戦では被害を受けなかったようです。


149
後陣です。
拝観有料となってます。


280
中に入りましたが、私が拝観した時は写真不可でした。主な作品に限り、外部サイトから作品画像を拝借して紹介することにしましょう。


281
パルマ・イル・ヴェッキオ(ヴェネツィア、1480-1528)の「聖バルバラのポリッティコ」(1524-25)
この作品はパルマ・イル・ヴェッキオの最高傑作と言われてます。


282
バルトロメオ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1440c-1499c)の「サンタ・マリア・フォルモーザのトリッティコ」(1473)


283
レアンドロ・バッサーノ(バッサーノ、1557-ヴェネツィア、1622)の「最後の晩餐」(1578c)


151
教区教会からCampo Santa Maria Formosaに出ました。


145
Campo Santa Maria Formosaに面して建つ、16世紀に建設されたPalazzo Priuli Ruzziniです。現在、四つ星ホテルになってます。


148
15世紀に再建されたPalazzo Malipieroです。


150
Rio di Formosa


144
ヴェネツィアにしては広い広場です。


152
サンタ・マリア・フォルモーザ教区教会の裏にあるクエリ―ニ・スタンパリア絵画館に向かいます。


153
クエリ―ニ・スタンパリア絵画館に入館しましたが、既に触れたので重複を避けます。


154
潮位が少し上昇したように見えました。


155
正午を過ぎたので、教会が閉まるのが普通ですが、ヴェネツィアの拝観有料の教会は大体開いてます。引き続き教会巡りです。


156
多分扉が閉まっていると思いながらもサン・ジョヴァンニ・ノーヴォ教会に向かいました。


157
サン・ジョヴァンニ・ノーヴォ教会はやはり閉まっていました。


160
10世紀に建設されましたが、現在の新古典様式の建物は1762年に再建された二代目のものです。


158
聖ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ(福音書記者聖ヨハネ)に奉献する教会です。
中に見るべき作品があまりないので、扉が閉まっていても残念感がありません。


159
Campo San Giovanni Novo


161
Calle Rimpeto la Sacrestia


162
Campo Santi Filippo e Giacomo


163
この広場はサン・マルコの近くにあります。


164
溜息橋です。
何時も見ている方とは反対側から見ています。


165
土地が低いので潮位が高く見えます。


166
サン・マルコに再び来てしまいました。


168
満潮まであと1時間弱です。


167
アクア・アルタが嫌われたのか、観光客の姿が若干少なくなったようです。


169
先ほど来た時よりも潮位が高くなっていました。


170
そろそろ昼食の時間ですが、1時間後に満潮なので、安全を考えてサン・マルコでの昼食は避けた方が無難です。


171
水に漬かっていない道を選んで進みます。


172
Calle dei Fabbri
Ristorante Fabbriは、サン・マルコ地区にあってはまあまあですが、ヴェネツィア価格です。マシな方でしょうか?


173
塩水が染み出してきてます。


174
実は、この日の翌日のアクア・アルタが酷かったのです。


175
(つづく)