P1210297
聖なるロザリオの聖母の聖堂聖域 Santuario Basilica della Beata Vergine del Santo Rosarioの広場の前に門があります。


P1200923
教会の敷地内に入りました。


P1200922
教会前広場の北側に20世紀前半に建設された長い柱廊があります。


P1200924
長い柱廊に入ってみました。


P1210266
この場所に14世紀に建てられたサン・ジュゼッペ祈祷所がありましたが、15世紀末に祈祷所を取り壊し、その上に修道院と教会を新設することになり、修道院は1512年に完成しました。


P1200932
教会は1514年に完成しました。


P1200981
教会は巡礼地になったので、17世紀前半には修道院教会は手狭になりました。最初の建物を取り壊して、1641年から1660年に再建されたバロック様式の建物が現在の姿の原形です。


P1210272
写真左の煉瓦色の建物よりも奥が1672年着工、1700年頃完成した修道院です。


P1200934
ネオ・バロック様式の現ファサードは、ランベルト・フザーニ(パルマ、1877-1966)の設計によって1913年から1920年にかけて建設されました。


P1210267
ファサードの彫刻


P1210269


P1210271


P1210039
後陣と鐘楼


P1210044
クーポラと鐘楼


P1200933
ファサードの下部に柱廊があります。


P1200931
1903年、第257代教皇ピオ10世紀(在位:1903年-1914年)によってBasilica Minoreに格付けされました。


P1200982
聖堂内に入りました。


P1200985
単廊式、ラテン十字形、バロック様式の内部です。


P1200984
左右に4つづつの礼拝堂があります。


P1200983
ピエトロ・ルビーニ(パルマ、1700-1765)によって1731年に描かれた天井フレスコ画


P1200988
床の文様


P1200987
主祭壇


P1200990
制作者情報不知の「ドメニコ会聖人たち」(18世紀初め)


P1200995
ピエトロ・ルビーニ(パルマ、1700-1765)の「聖パオロと聖トマス・アクィナスと聖ピエトロ」


P1210001
制作者情報不知の「ソリアーノの聖ドメニコの出現」(1666)


P1210002
ファサード裏にあるオルガン


P1210003
制作者情報不知の「聖ジュゼッペ」(19世紀)


P1210004
詳細不知


P1210005


P1210006


P1210007


P1210008


P1210010


P1210012
ロザリオの聖母の礼拝堂


P1210014


P1210015


P1210017
制作者情報不知の「磔刑像」(1663)


P1210018


P1210019


P1210020
詳細不知


P1210021
詳細不知


P1210024
制作者情報不知の「割礼」(1663)


P1210025
制作者情報不知の「聖ジャチントの奇跡」(1669)


P1210028
制作者情報不知の「聖ライモンドの奇跡」(1669)


P1210033


P1210034


P1200927
外に出ました。
(つづく)