P1130877
道路を挟んで、サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会の向かいに劇場があります。


P1130880
チェゼーナ市立アレッサンドロ・ボンチ劇場です。
とうとう雨が降ってきました。


P1130879
1843年から1846年に建設されました。
市立劇場の名称はチェゼーナ生まれの名テノール歌手アレッサンドロ・ボンチ(チェゼーナ、1870-ヴィセルバ・ディ・リミニ、1940)に因んでます。


P1130881
ドゥオーモの方に向かいました。


P1130882
エミリア街道は、この辺ではガリバルディ通りと呼ばれてます。


P1130886
雨が急に強くなったので、ポルティコを歩きます。


P1130887
昼食を食べるまで快晴だったので、油断して傘を持っていませんでした。


P1130888
雨が小降りになったので、エミリア街道を歩きました。


P1130889
程なくドゥオーモの鐘楼と後陣が姿を現します。


P1130928
エミリア街道に築かれた街中でエミリア街道と呼ばれることは稀のようです。


P1130929
ドゥオーモのファサード前にあるジョヴァンニ・パオロ2世広場です。


P1130930
幸いにも雨が止んでくれました。


P1130931
ドゥオーモの中を覗いたら、土曜の夕べのミサの真っ最中でした。


P1130933
雨が何時強くなってもおかしくないので、ホテルに戻ることにしました。


P1130934
城壁外に向かうCorso Sozziです。


P1130935
かなり薄暗くなってきました。


P1130936
城壁と城門の代わりに建てられたBarriera Cavourが見えてます。


P1130937
この日は、これで終わりです。
友人との夕食のどんちゃん騒ぎがありますが、写真がありません。


P1130938
翌朝です。日曜日の朝なので、バスターミナルにはバスが一台もなかった。


P1130939
雨が落ちていませんでしたが、今にも泣き出しそうな曇天です。


P1130940
低い城壁です。


P1130941
車が走らず、人通りが殆どありません。


P1130943
日曜朝のミサまで、かなり時間があったので、聖堂内は信者が数名いただけでした。ゆっくりと拝観出来ました。


P1130944
チェゼーナの図書館に敬意を表して、もう一度図書館を見ます。


P1130945
Corso Mazziniのポルティコ


P1130947
Palazzo del Ridotto、ex-Palazzo del Podesta


P1130948
人出が少ないので、写真を撮るには絶好ですが、天気が良くないのが玉に瑕。


P1130950
Palazzo del Ridotto前から見たドゥオーモ


P1130951
マラテスティアーナ図書館


P1130952
ボッカクゥアットロ教会


P1130953
図書館は日曜休館です。


P1130954
マラテスティアーナ図書館の前に立つ彫像は、Maurizio Bufalini (チェゼーナ、1787-フィレンツェ、1875)です。イタリアの臨床医で、医学部の教授法で革命を起こしたことで有名です。


P1130955
こちらはRenato Serra (チェゼーナ、1884-モンテ・ポドゴーラ、1915)の頭像です。Serraは文芸評論家、作家です。


P1130956
Piazza Fabbriから見たPalazzo del Ridottoです。


P1130957
Palazzo del Ridottoの左側壁外観です。その先にサンタ・マリア・デル・スッフラージョ教会が写ってます。


P1130958
Palazzo del Ridottoの市民の塔です。


P1130959
ポルティコを通ってポポロ広場に向かいました。


P1130960
突き当りに市庁舎が写ってます。


P1130961
日曜日は完全休業の市庁舎です。


P1130962
ポポロ広場


P1130963
マラテスティアーナ要塞


P1130966
マシーニの噴水(1588-91)


P1130965


P1130967


P1130964
(つづく)