P1310305
次はサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。


P1310306
民家の壁にある、かなり古そうな天使の彫刻です。


P1310307
観光案内所でサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会は毎日開く教会と聞いたので、慌てる必要がありません。


P1310308
ここで困ったことが一つ。昼食のアルコールと冷たい水が効いて、要バールでのトイレ休憩。


P1310310
右折すればサン・ジュゼッペ教会に出ます。バールを探しましたが、意外にも見つからず。やはりドゥオーモ広場に戻れば何とかなると思いました。


P1310311
Casa Parrussaの塔が見えたので、通りの突き当りが中心街です。


P1310312
ドゥオーモ広場のバールで一休み。


P1310314
市庁舎


P1310315
カヴール通りからサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会に向かいました。


P1310317
通りから少し右に飛び出ている建物に塔があります。


P1310318
これです。


P1310321
13世紀の塔です。


P1310319
アルバの中心街で現存する塔は6本だそうです。


P1310320
中世に描かれた絵画に拠れば、20本以上の塔があったようです。


P1310322
14世紀に建設された市場だった建物です。


P1310324
この建物にも塔があったようです。


P1310323
中世の頃、建物の所有者の権力誇示のため、多くの塔が建設されましたが、勢力が衰えたり、失脚したりすると塔が破壊されたり、塔の高さを低くされたようです。


P1310325
Torre Parrussa


P1310326
カヴール通りを進み、次の交差点を左折すれば、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会がある広場に出ます。


P1310327
Piazza Pertinaceです。


P1310328
広場に面して現代的なアパートが建ってます。


P1310329
観光客をかなり見かけます。


P1310330
サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会です。この後、拝観しましたが、サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会については、(その9)で纏めて取り上げます。


P1310341
Casa Marro


P1310346


P1310340
特に名前が付いていない建物です。


P1310342
Tempio Romanoの遺跡です。


P1310343
寺院は、紀元前29年から紀元後14年に建設されたそうです。


P1310344
アルバで残されているローマ時代の遺跡はこれだけ?


P1310345


P1310347


P1310353
次はサン・フランチェスコ修道院です。


P1310354
サン・フランチェスコ修道院は街の北にあります。


P1310355
サン・フランチェスコ広場です。


P1310356
写真左がサン・フランチェスコ修道院だった建物です。


P1310360
18世紀末に修道院活動が停止され、その後、一度も活動が再開されることなく現在に至ってます。


P1310363
教会の建物は危険と判断されて現存してません。


P1310358
サン・フランチェスコ広場はアルバにおける中国人の拠点となってます。その中心が写真右のGRANATOの建物だそうです。


P1310361
中国人は順応力が高いので、イタリアは中国人に益々席捲されそうです。


P1310366
街の中心に戻ります。


P1310367
(つづく)