P1480969
一時、城壁外に出ました。


P1480970
丘の後方にトレッビア川が流れてます。


P1480971
写真左にカステッロがあります。


P1490038
案内板があります。


P1480972
カステッロ Castello Malaspina- Dal Vermeです。


P1480975
カステッロの入り口です。


P1480973
入り口前の地面に栗が沢山。


P1480976
614年に建設されたサン・コロンバーノ修道院と共に発展したボッビオですが、修道院がベネデット会の所有となった9世紀頃から城壁が築かれるようになりました。


P1490027
13世紀に本格的に城塞が建設されるようになり、村は要塞化されるようになりました。


P1490022
村の小高い丘にカステッロが建設されました。1219年の文書に、カステッロが建っている現在地にBraida de Castelloの存在が記載されてますが、それが前身とされてます。


P1490021


P1490028
1304年から1341年まで、ボッビオはマラスピーネ家の支配下に置かれましたが、14世紀前半、ボッビオのシニョーリアのコッラディーノ・マラスピーナによって城の建設が開始されました。


P1490024
1341年から1436年まで、ボッビオはヴィスコンティ家の支配となりましたが、ヴィスコンティ家によって城は拡大されました。


P1490020
1436年から1743年まで、ボッビオはヴェローナ出身のダル・ヴェルメ家の支配下となりました。城はダル・ヴェルメ家の邸宅として整備拡充されて、1545年に完成しました。
城の名称は、創建したマラスピーナ家と完成させたダル・ヴェルメ家に因んで、Castello Malaspina- Dal Vermeと呼ばれてます。


P1490029
現在は、カステッロは国立博物館として一般公開されており、「パルマ・ピアチェンツァ公国の城」協会に運営管理が委託されてます。


P1490037
城の中に入ります。


P1490034
中の展示物がなく、殆どの部屋が閉まっていて、博物館として未整備のように思いました。


P1490032
切符売り場(この時は入館無料でしたが、無料券をもらってガイドと一緒に回るようになっていました)


P1490033
城内は見所が乏しく、期待外れで外に出ました。無料だったので贅沢は言えません。カステッロは人気がないようで、初めから最後まで私一人でした。


P1490014
城の庭に入ります。


P1490015
庭から村の全景が見えます。


P1490017


P1490018


P1490019


P1480997
監視塔


P1480998
城壁の上から村の全景を見ます。


P1480999
鐘楼の向こう、山肌の下にトレッビア川の流れが見えます。


P1490003
サン・コロンバーノ修道院


P1490002
ドゥオーモ


P1490009


P1490004
トレッビア川が写ってます。


P1490005
中秋の山


P1490007


P1490008


P1490010


P1490012


P1490016
これから博物館として整備されるのでしょう。


P1490025
カステッロ前の広場


P1490030
全部見たようです。


P1490031
階段を下りて扉の外に出ます。


P1490035
私が立ち去ると、係員が暇そうに外に出てきました。


P1490036


P1490040
写真左はカステッロの城壁です。


P1490039
(つづく)