P1490122
トレッビア川に架かるゴッボ橋 Ponte Gobbo、別名ヴェッキオ橋 Ponte Vecchio、悪魔橋 Ponte del Diavoloです。
gobboとは、湾曲した、起伏のある、隆起のあるという意味で橋の形状に由来してます。
ローマ時代に架けられた橋が前身なので、ヴェッキオ橋(古い橋)と呼ばれてます。
中世の頃、橋を架けることが難しく、伝説を生みましたが、伝説の一つが悪魔によって架橋されたというものでした。


P1490135
橋の下を流れるトレッビア川です。


P1490133
トレッビア川は、リグーリア州、エミリア₌ロマーニャ州を流れる、ポー川の左岸支流です。


P1490123
橋を渡って対岸のボルゴ・デル・トレッビアに向かいます。


P1490137
長さ273m、11の等距離でないアーチがあり、しかもアーチ状の橋部分の高さが異なります。


P1490141
グループツアーのご一行様が通り過ぎて行きました。


P1490152
この場所が橋が初めて架けられたのは、ローマ時代ですが、ローマ時代の具体的な世紀は分からないようです。


P1490166
7世紀に、サン・コロンバーノ修道院の修道士によって、ローマ時代に築かれた橋の基礎の上に橋が再建されました。
橋は、巡礼者や修道院の宗教的な行進に使用されました。
両岸の橋端に奉納の像が置かれてます。


P1490164
聖母子


P1490165
聖コロンバーノ


P1490167
対岸に渡り切りました。


P1490168
上流の橋桁が見える所まで移動します。


P1490169
トレッビア川は元々急流なので、普通の状態でも川床の激しい浸食があることに加え、暴れ川の異名の通り洪水が繰り返されたので、橋の砂利床が移動したり、橋が流されたり変形を受けるなど壊滅的な被害と再建を何度も繰り返しました。


P1490172
明確な記録が残されている15世紀以降に限ってみても、15世紀から現代まで11回の橋の流失、崩落、再建を繰り返したことが分かってます。


P1490174
現在の橋は、1971年の大洪水によって壊滅的な被害を受け、その後に再建、修復されたものです。


P1490175
レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」の背景に、この橋が描かれているとの説があります。


P1490176
ボッビオのドゥオーモ


P1490177


P1490186


P1490187
グループツアーのご一行様が帰路についたようです。


P1490182


P1490190


P1490192


P1490194


P1490193


P1490200
ボルゴ・デル・トレッビアは見所が殆どありません。


P1490203
下流の方に向かいます。


P1490207


P1490210


P1490211
橋の下は進めないようです。


P1490214
ここを上って道に出た方が良さそうです。


P1490215
橋の正面にお店があります。


P1490216
店の前のBorgo del Trebbiaを進んで下流方向に行きます。


P1490217
店の前から見た橋と村の中心部


P1490219
道を進みます。


P1490218
下流の方に来ました。


P1490222


P1490231
道路からは、橋がうまく写りません。


P1490236


P1490238


P1490239
Basilica e Santuario della Madonna dell' Aiuto


P1490243
カステッロ


P1490244
村の中心街に戻ることにしました。


P1490245
(つづく)