P1490537
サン・コロンバーノ修道院とサン・コロンバーノ聖堂に向かいます。


P1490531
次の左に進む道に入ります。


P1490538
午後5時になりました。


P1490539
サン・コロンバーノ修道院です(写真左)。


P1490541
Palazzo Barone


P1490542
614年、聖コロンバーノ(ナヴァン、540c‐ボッビオ、615)が修道院を創設しました。


P1490543
Piazza Santa Fara


P1490545
広場に設けられた駐車場に駐車する車が夕方になって増えました。


P1490546
サン・ロレンツォ教会


P1490547
Piazza Santa Faraから今来た所を振り返って撮った写真です。


P1490548
修道院の柱廊
現在の修道院の建物は、883年に着工され、その後増築を繰り返して1522年に完成しました。


P1490549
Piazza Santa Faraからカステッロが見えます。


P1490550
サン・ロレンツォ教会は午後の早い時間に既に拝観したので、この時間はパスしました。


P1480813
サン・ロレンツォ通りを進みました。


P1490551
写真左はサン・コロンバーノ聖堂の左側壁で、聖堂のファサード側に回ります。


P1490552
サン・コロンバーノ広場に出ました。


P1490553
サン・コロンバーノ聖堂です。


P1490553
修道院のバジリカは、9世紀に建設されました。


P1490560
現在の聖堂の建物は、初代の遺跡の上に1456年から1522年に建設された二代目のものです。


P1490673
中世を通じて、サン・コロンバーノ修道院はヨーロッパで最重要の修道院の一つでした。


P1490555
16世紀に建設されたファサード下の柱廊が目立ちます。


P1490671
ファサード上の彫刻はサン・コロンバーノ像です。


P1490670


P1490680
サン・ロレンツォ通り側の鐘楼は、初代の建物のもので9世紀に建設されました。


P1490681
鐘楼の横にあるファサードのように見える部分は、9世紀に建設された初代のバジリカの後陣です。


P1490554
ファサードに向かって右横に修道院博物館の入り口があります。


P1490562
柱廊に入りました。


P1490559
ポータル上のモットーのテンプレート


P1490561
拝観します。


P1490563
聖堂内に入りました。


P1490565
三廊式、ラテン十字形、ルネサンス様式の内部です。


P1490564
初代の建物の一部が残されてます。


P1490566
壁の多くがフレスコ画で装飾されてます。


P1490567
ベルナルディーノ・ランツァーニ(サン・コロンバーノ・アル・ランブロ、1460‐1530c)によって1526年から1530年に制作された内陣天井のフレスコ画
Presbiterioのフレスコ画は、ルイージ・ムッシ(ピアチェンツァ、1694‐1771)によって18世紀に制作されました。


P1490569
ベルナルディーノ・ランツァーニ(サン・コロンバーノ・アル・ランブロ、1460‐1530c)の「聖コロンバーノ」(1526‐30)


P1490572
Presbiterio天井のフレスコ画は、ルイージ・ムッシ(ピアチェンツァ、1694‐1771)の「栄光の聖コロンバーノ」


P1490574



P1490575
Presbiterio右側壁のルイージ・ムッシ(ピアチェンツァ、1694‐1771)の「聖コロンバーノの生涯の物語」


P1490578
Presbiterio左側壁に描かれた、ルイージ・ムッシ(ピアチェンツァ、1694‐1771)の「聖コロンバーノの生涯の物語」


P1490570
Presbiterioに置かれたオルガン
(つづく)