P1300661
1591年に建設されたCasa del Monte di Pietaです。


P1300667
フォッサーノに来た最大の目的がここでした。


P1300666
1905年に設立された銀行 Cassa di Risparmio di Fossano SpAの本社が使用してます。
銀行主導で設立された非営利団体Fondazione Cassa di Risparmio di Fossanoが所有するモンテ・ディ・ピエタコレクションが建物内で一般公開されてます。その他にフォッサーノやその近隣の教会から集められた作品やフォッサーノ市が所有する文書や遺跡などの展示されています。


P1300664
ガックリ、開いていませんでした。
銀行所有のコレクションを見るのは実に大変です。財団を移転させ、市立博物館にした方が良いと思いました。


1
ここで展示されている作品写真を掲載しておきます。(作品画像は財団のサイトから拝借しました)


2
アンブロージョ・ダ・フォッサーノ通称ベルゴニョーネの作品はないようです。


P1300668
モンテ・ディ・ピエタの博物館が閉まっていたので、特にやることがなくなりました。


P1300669
街一番の目抜き通りのローマ通りです。


P1300670
時間が余ってしまいました。仕方がないので、足の赴くままに適当に街歩きすることにしました。


P1300671
Piazza Beppe Manfredi


P1300672
ドゥオーモです。


P1300673
ガリバルディ通りの柱廊


P1300674
サン・パオロ通りに行くのは後回しにしました。


P1300675
ドゥオーモの後陣


P1300676
ガリバルディ通りを進みます。


P1300677
写真右は、18世紀に建設されたCasa di Marzoです。


P1300678
現在、小学校として建物が使用されてます。


P1300679
1861年3月27日通り Piazza 27 Marzo 1861です。通りの名称は歴史的事実に基づいてますが、地元の人は何と呼んでいるのか、不思議な広場名です。


P1300681
非常に興味深い広場です。


P1300682
広場に面して、17‐18世紀の建物が並んでますが、当時は路地に面して建ってました。


P1300680
写真右に塀が写ってますが、旧修道院の壁です。


P1300683
壁にフレスコ画があります。


P1300689
これを読んでよく分かりました。
旧サン・フランチェスコ修道院教会の壁です。


P1300688
修道院教会の建物が取り壊され、広場になりました。現在は、ごく一部の建物しか残されていない旧サン・フランチェスコ修道院教会です。


P1300685
はっきりと識別できるフレスコ画はこれだけですが、後世に描かれた比較的新しいものでしょう。


P1300684
1861年3月27日通りから見たCasa di Marzo、その先にあるドゥオーモです。


P1300687
サン・ジローラモ通りを進んでも見どころが無さそうです。


P1300686
バーヴァ・サン・パオロ通りを進みます。


P1300690
写真右奥の建物に注目です。


P1300692
Instituto Suore Domenicane 学校です。


P1300693
サン・ドメニコ教会の一部です。


P1300694
道に迷っても困るので、通って来た道を戻った方が良さそうです。


P1300695
暑くてへとへとです。


P1300696
観光客が殆どいない街です。


P1300697
鐘楼が見えたので、現在地が分かりホッとしました。


P1300699
ワインの集積地として発展したフォッサーノなので、夕食が楽しみです。


P1300698
夕食のレストランを探しました。


P1300702
市庁舎でフォッサーノの地図を頂戴しました。


P1300703
ローマ通りにあるレストランが良さそうでしたが、夕食は営業しないようでした。


P1300705
映画館だったと思います。


P1300721
明らかに教会の建物です。


P1300722
閉鎖された旧教会ですが、何という教会なのか分かりません。


P1300725


P1300731
塔に上るためにカステッロに来ました。ところが、塔は修復工事のため、閉鎖されてました。


P1300732
サン・マルティーノ門です。


P1300733
門の聖母子のタベルナコロ


P1300735
サン・マルティーノ門を潜って城壁外に出ました。


P1300739
通りの突き当りが駅になります。キリがないので、この辺で終わりにします。
(おわり)