カザーレ・モンフェッラートは、人口33,637人(2019年12月31日現在)のピエモンテ州アレッサンドリア県にあるコムーネです。
P1280368
アレッサンドリア駅始発の普通列車に乗ってカザーレ・モンフェッラート駅に向かいました。


P1280369
ほぼ定時にカザーレ・モンフェッラート駅に到着しました。


P1280370
ポー川南岸のモンフェッラート丘陵に位置し、古くからワイン醸造で有名です。美術的に見所が多い街と言えるでしょう。


P1280371
広い駅前広場


P1280372
カザーレ・モンフェッラート駅の駅舎です。


P1280373
駅前広場の噴水


P1280374
この日のお宿に向かいました。


P1280375
翌朝の出発が早いので、駅前のホテルに予約していましたが、この旅の出発前に工事のため休業するので、他のホテルに予約を振り替えたいとの連絡があったので、旧市街にあるホテルに泊まることになりました。


P1280376
鉄道駅から旧市街に通じる道です。


P1280377
Viale Bistolfi


P1280378
ジョヴァンニ・ランツァ(カザーレ・モンフェッラート、1810-ローマ、1882)像です。
ジョヴァンニ・ランツァは、カヴールやガリバルディほど知られてませんが、イタリア統一戦争で活躍した地元出身の英雄です。統一後、文部大臣を務め、イタリアの教育行政確立に尽力しました。


P1280379
カヴール通りに入りました。この日のお宿は、この通りにあります。


P1280395
写真左が、この日のお宿です。


P1280380
チェックインを済ませて外出しました。ホテルに向かう途中、余り写真を撮っていなかったので。駅方向に少し戻って、ビストルフィ通りとカヴール通りの交差点から街歩きを開始しました。


P1280381
城壁が残ってませんが、この辺から旧市街になるのでしょう。


P1280382
写真左は修道院だった建物です。


P1280384
中に入ってみます。


P1280385
非常に荒廃した建物です。


P1280387
警察署です。


P1280386
修道院は17世紀中頃に閉鎖されました。


P1280388
サンタゴスティーノ教会修道院だった建物です。


P1280389
フレスコ画の痕跡


P1280391
サンタゴスティーノ教会修道院の建物は、その後取り壊されたようです。


P1280392
修復費用が膨大なので、取り壊して新築した方が経費がかからない?


P1280390
警察署の外に出ます。


P1280393
カヴール通りです。


P1280394
この日のお宿が見えてます。


P1280396
ホテルを通り過ぎます。


P1280397
更に進んで、市立博物館に行きます。


P1280398
市立博物館は市庁舎内にあります。


P1280399
旗が掲げられている建物が市庁舎です。


P1280410
18世紀に建設されたPalazzo Gozani di San Giorgioです。


P1280414


P1280401
中に入りました。


P1280402
この日は日曜日だったので、市庁舎は閉まってます。


P1280403
しかし、博物館は日曜日開館、の筈でした。


P1280404
Palazzoの中庭


P1280405
博物館は閉まっていました。何故?


P1280407
ガックリ。何時ものイタリア流をやられてしまいました。


P1280406
フレスコで装飾されてます。


P1280409
折角来たのに、突発的休館には困りました。この辺の所は、イタリアではよくあることで、どうにもなりません。


P1280408
外に出ます。


P1280411
この当時、市立博物館は、金土日の週末だけの開館でした。開館日に合わせて旅程を組んだのが無駄になりました。トホホ
(つづく)