P1280412
道を挟んで、市庁舎の向かいに教会があります。


P1280400
サン・パオロ・デイ・バルナビティ教会です。


P1280413
ミラノの建築家ロレンツォ・ビナゴ(ミラノ、1554-1629)の設計、工事監督によって1568年創建、1595年に完成しました。1594年に奉献されました。


P1280415
ウンベルト・コッポによって18世紀後半に改造されました。


P1280420



P1280416
ファサードの彫刻


P1280417
中にグリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォの祭壇画があります。


P1280418
日曜日の午前中だったので、日曜朝のミサが終わってゆっくり拝見できることを期待していました。


P1280419
ところが扉が閉まっていました。


P1280421
カヴール通りを進みます。


P1280423
市庁舎の一部として使用されている建物です。


P1280425
市庁舎なので、日曜日には扉が固く閉じられてます。


P1280426
18世紀に建設されたPalazzo Magnocavalliです。


P1280427
これがあると助かります。


P1280422
Palazzo Magnocavalliの向かいにある、18世紀後半に建設されたCasa Alleanzaです。


P1280424
使用されてない部屋が多い?


P1280428
18世紀に建設された貴族の館、Palazzo Trevilleです。


P1280429
Palazzo Trevilleは、現在高級アパートになってます。


P1280431
高級アパートになっている、19世紀前半に建設されたPalazzo Arditiです。


P1280433
Via Mameli


P1280434
次はサン・ミケーレ教会です。


P1280435
街角の聖母子を発見しました。


P1280436
これです。


P1280437
Via San Evasioに面して建っているサン・ミケーレ教会です。


P1280438
Confraternita dei Nobiliによって16世紀初めに建設されたサン・ミケーレ教会です。


P1280440
ファサードに3大天使の彫刻が置かれてます。


P1280441
大大天使聖ミケーレ


P1280442
大天使ラッファエーレとトビオーロ


P1280443
大天使ガブリエーレ


P1280444
写真左はサン・ミケーレ修道院だった建物です。


P1280439
中にイル・モンカルヴォの祭壇画が6点あるのですが、扉が閉まっていました。仕方がないので、外部サイトから拝借した祭壇画を載せておきます。


2
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の「竜を退治する聖ミケーレ」


3
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の「ご誕生」


4
ジョヴァンニ・アントニオ・カッサーノ(パヴィア、16世紀後半-17世紀初め活動)のクーポラのフレスコ画(1597)


P1280445
ベルノッティ広場です。
広場に立つのは、ウルバーノ・ラッタッツィ(アレッサンドリア、1808-フロジノーネ、1873)像です。
ウルバーノ・ラッタッツィはイタリア統一で活躍した政治家です。


P1280446
旧裁判所の建物です。


P1280447
ベルノッティ広場は都市開発の対象になっているので、今後、姿が大幅に変わりそうです。


P1280448
一見教会風の建物がありますが、詳細不明です。


P1280449
ラッタッツィ広場を通り過ぎます。


P1280450
街の中心の広場に向かいます。


P1280451
マッツィーニ広場にやってきました。


P1280452
マッツィーニ広場がカザーレ・モンフェッラートの中心です。


P1280453市の塔 Torre Civicaが見えてます。


P1280457
広場の中心に立つのは、カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイア(トリノ、1798-ポルトガル、ポルト、1849)のモニュメントです。
カルロ・アルベルトはヴィットリオ・エマヌエーレ2世の父です。


P1280456


P1280454
(つづく)