今回はドゥオーモの続きとドゥオーモ付属美術館です。
P1280531
説教壇


P1280480
制作者情報不知の「Vergine della Consolata」(17世紀)


P1280482
聖ジュゼッペの祭壇です。


P1280484
18世紀の逸名画家作「聖エヴァーショに顕現する幼きキリストと聖ジュゼッペ」


P1280486
サン・ロレンツォ礼拝堂です。


P1280488
ステファノ・ボッティネッリ・ダ・ヴィッジュ―の「聖ロレンツォと聖エヴァーショと聖ナターレ」(18世紀)


P1280492
Cappella di Sant' Evasioは閉まっていました。


P1280493
グラツィエの聖母礼拝堂


5
アゴスティーノ・ブスティ通称イル・バンバイア(ブスト・アルシツィオ、1483c-ミラノ、1548)の「聖母子と聖アントニオ・アバーテと聖ベルナルディーノ」


P1280494
グラツィエの聖母礼拝堂天井の装飾


P1280504
Narthexへの入り口


P1280515
Cappella di Sant' Agata e Sant Apollonia


P1280516
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の追随者作「聖アガタと聖アポッロニア」


P1280517
Cappella di Santa Lucia


P1280520
グリエルモ・カッチャ通称イル・モンカルヴォ(モンタボーネ、1568-モンカルヴォ、1625)の追随者作「聖ルチアと聖人たち」


P1280522
Cappella della Madonna di Fatima


P1280525


P1280532
Narthexに出ます。


P1280538
外に出ました。


P1280542
左側壁の後陣方向に向かいます。


P1280545
ドゥオーモ付属美術館の入り口です。


P1280652
写真左の建物が美術館になってます。


P1280546
司教館の一部が美術館になってます。


P1280547
ドゥオーモ内部はアゴスティーノ・ブスティ通称イル・バンバイアの彫刻を除いて見所が余りありません。美術ファンの不満を癒す一助になりそうなのが付属美術館と言えるかも知れません。


P1280651
入館無料です。土日は常時開館してますが、平日の開館は不定期と思っていた方が良いでしょう。原則は、夏場は月~金開館、冬季は平日閉館となってますが、夏季の平日に開館しているとは限りません。


P1280548
入館しました。
12世紀の逸名彫刻家作「聖人」
聖人は、聖エヴァーショの可能性があるとされてます。


P1280550
16世紀のフランスの逸名彫刻家作「ランゴバルド王リュートバルド像」
リュートバルド王(690c-744)は、8世紀中頃にカザーレ・モンフェッラート大聖堂の前身であるサン・ロレンツォ教会を建設しました。


P1280552
16世紀のフランスの逸名彫刻家作「テオドリンダ像」
テオドリンダもサン・ロレンツォ教会建立に尽力しました。


P1280554
14世紀前半のロンバルディアの逸名彫刻家作「アレッサンドリアの聖カテリーナ像」
14世紀前半から17世前半までカザーレ・モンフェッラート大聖堂のファサードに置かれていました。


P1280556
12世紀のモザイク
カザーレ・モンフェッラート大聖堂の内陣床にありました。


P1280558
12世紀のモザイク


P1280560
ロンバルドの逸名彫刻家作「磔刑像」(1450-60)


P1280562
12世紀のモザイク「魚屋」


P1280564
12世紀のモザイク


P1280566
12世紀のモザイク「男とイノシシ」


P1280568
創建時の床にあったモザイクです。


P1280570


P1280572


P1280574


P1280576
(つづく)