P1280655
次はサン・ピエトロ教会です。写真の通りの突き当りに教会があります。


P1280656
サン・ピエトロ教会です。


P1280660
正式名はChiesa della Confraternita di San Pietro Apostoloと言います。


P1280659
サン・ピエトロ同信会が建築家フランチェスコ・ガッロ(モンド―ヴィ、1672-1750)に注文して、ガッロの設計によって1726年から1739年にかけて建設されました。


P1280658
フランチェスコ・ガッロは、教会建築が得意で、50以上の教会の設計を行ったことで知られてます。


P1280657
扉が閉まってましたが、それは予想通りでした。


P1280662
Via Paleologi


P1280661
次はサン・ドメニコ教会です。


P1280663
サン・ドメニコ教会は、次を右折します。ドゥオーモの西方にあります。


P1280664
通りの突き当りにあるのがサン・ドメニコ教会です。


P1280665
サン・ドメニコ広場に出ます。


P1280666
Confraternita dei Nobiliの本拠であり、カザーレ・モンフェッラートでは、ドゥオーモに次いで重要な教会とされてます。


P1280675
モンフェッラート侯爵グリエルモ8世・パレオロゴ(カザーレ・モンフェッラート、1420-1483)によって1472年に創建されました。グリエルモ8世の死後、建設工事はグリエルモ8世の弟ボニファチョ3世に引き継がれ、1506年に完成しました。


P1280704
1506年、併設の修道院が建設され、Padri Domenicaniに託されました。


P1280707
1513年、奉献式が執り行われました。


6
ファサードのポータルが見所です。


P1280670
バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノ(ミラノ、1456-1530)によって1510年に装飾されたファサード・ポータルです。


8
丸窓


P1280671


P1280672
バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノの「聖母子とボニファチョ・パレオロゴ一族」(1510c)


P1280673
入り口横の、バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノ(ミラノ、1456-1530)の「シエナの聖カテリーナ」(1510c)


P1280674
入り口横にある、バルトロメオ・スアルディ通称ブラマンティーノ(ミラノ、1456-1530)の「聖ドメニコ」(1510c)


P1280668
サン・ドメニコ教会の左横にミゼリコルディア教会がありますが、後で見ることにしました。


P1280679
サン・ドメニコ修道院回廊に入りました。


P1280692
1506年に建設されました。
Confraternita dei Nobiliの支援を受けて、非常に豊かな修道院でした。


P1280680
ナポレオンの抑圧令によって活動が停止された旧修道院となってます。


P1280681
修道院のキオストロ回廊に僅かにフレスコ画が残されてます。


P1280687
劣化が著しく、何が描かれていたのか、全く分かりません。


P1280688
回廊の壁ルネッタ上にフレスコ画があったとされてます。


P1280684
高さ40mの鐘楼


P1280691


P1280685


P1280686


P1280693


P1280677
今度はミゼリコルディア教会です。


P1280669
1527年3月25日、Compagnia della Misericordiaが設立されましたが、その活動拠点としてサンタ・マリア・ディ・ピアッツァ教会(マッツイーニ広場にあります)が選ばれました。


P1280699
その後、自前の教会を持ちたい、との希望から資金集めが行われ、ミラノの建築家フランチェスコ・マリア・リキーノ(リキーニ)(ミラノ、1584-1658)の設計によって1611年に建設されたミゼリコルディア教会です。


P1280696
ファサードの装飾は、ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスカルドの「慈悲の聖母」(1617)


P1280697
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスカルドの作品


P1280698
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスカルドの作品


P1280694
サン・ドメニコ広場


P1280705
活動を停止した旧教会です。


P1280700


P1280667


P1280703
(つづく)