P1280831
カステッロ広場に向かいます。


P1280833
街角の聖母子を発見しました。


P1280834
カステッロ広場にやってきました。


P1280832
写真右奥の建物はTeatoro Municipaleです。


P1280835
17世紀初頭、カステッロの城壁に面する現在地に劇場が建設されました。


P1280858
しかし、最初の建物は構造的に運営上の問題が深刻となり、1697年に閉鎖されてしまいました。
最初の建物が取り壊され、木造で1703年に再建されました。


7
ところが、地元の貴族たちから木造ではみすぼらしい等の不満が沸騰したので、スポレートの修道院長で建築家のアゴスティーノ・ヴィットーリに劇場建設が委嘱され、アゴスティーノ・ヴィットーリの設計によって1780年から1786年に三代目となる建物が建設されました。
三代目の劇場で1791年に初演を迎えました。
1861年、劇場は地元の貴族から市当局に売却され、市有となりましたが、管理上の問題から上演出来ず、100年以上も閉鎖されたままでした。
大掛かりな修復工事が行われ、1990年に漸く再上演に漕ぎつけることが出来、現在に至ってます。


P1280841
カザーレ・モンフェッラート城、Castello dei  Paleologiです。


P1280843
この場所には、10世紀末の記録に、その存在が記された要塞がありました。要塞の建設時期はそれ以前と思われてますが、具体的には分かってません。


9
モンフェッラート侯爵ジョヴァンニ2世・パレオロゴ(カザーレ、1321-ヴォルピアノ、1372)は、1352年、要塞を増強拡大させ城にしました。


10
城の増強整備は、後継のモンフェッラート侯爵グリエルモ8世パレオロゴ(カザーレ・モンフェッラート、1420-1483)とモンフェッラート侯爵ボニファチョ4世パレオロゴ(カザーレ・モンフェッラート、1512-1530)に引き継がれ、15世紀中頃から16世紀前半にかけて工事が行われました。


P1280845
1559年、カザーレ・モンフェッラートは、マントヴァのゴンザーガ家領となりました。
ゴンザーガ家は、防衛上、この城の必要性はないとしながらも、塔と城壁を追加させるとともに、宮殿として整備させ、。マントヴァ公爵家の離宮として使用されるようになりました。


P1280847
ゴンザーガ家の衰退によって、1708年、カザーレ・モンフェッラートは、ゴンザーガ家からサヴォイア家領となりました。1710年から城はサヴォイア家の兵舎として使用されるようになりました。


P1280848
1856年、都市整備の一環から市場を新たに作るために、城の一部が取り壊されました。


P1280849
更にカステッロ広場を造るために、城の一部が取り壊されました。


P1280850
城はかなり荒廃しています。一般公開されていますが、この日はダメでした。


P1280859
本丸しか残されていないようです。


P1280836
カステッロの庭だった部分です。


P1280837
鐘楼はParrocchia di Sant' Ilarioのものです。


P1280842
広場に面して教会が建ってます。


P1280846
バロック様式の建物の教会です。


P1280852
写真左は市の塔です。


P1280854
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。


P1280856
サンタ・カテリーナ教会とも呼ばれてます。


P1280857
1718年から1726年に建設されたギリシャ十字形、バロック様式の教会です。
1726年に奉献されました。


P1280855
この教会ファサードの後方に教会に隣接する1700年に建設されたドメニコ会のシエナのサンタ・カテリーナ修道院があり、修道院修道女によって教会が一部運営されたので、別名サンタ・カテリーナ教会と呼ばれた所以です。


P1280844
カステッロ広場を後にします。


P1280838
広場から見えた市の塔


P1280861
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の横、Via Alessandriaに入りました。


P1280862
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接して修道院だった建物が建ってます。


P1280863
ドメニコ会のサンタ・カテリーナ・ダ・シエナ修道院だった建物です。


P1280865
修道院は16世紀に建設されました。
旧修道院の先がサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。
修道院は、ナポレオンの抑圧令によって18世紀末に閉鎖され、1867年から修道院だった建物はEnte Municipale Convitto Trevisoが使用するようになりました。


P1280867
アレッサンドリア通りを更に進みます。


P1280868
写真右は、15世紀に建設されたPalazzo Vittaです。Natta d' Alfiano侯爵夫人の住居でした。


P1280870
観たいと思っていた観光先の殆どが閉まっていたし、午後にも開かないことが分かりました。


P1280871
臨時休館ならばHPに記載されるべきと思う私ですが、イタリアではHPの更新をしないことが多いのです。こんなことにめげてはイタリアの旅はやっていられません。


P1280873
6月28日でした。


P1280876
ローマ通りを進みます。


P1280880
通りの先はサンタ・クローチェ教会です。


P1280882
1344年に建設された後期ゴシック様式のサンタ・クローチェ教会です。


P1280883
未完成のファサードは、1748年にフランチェスコ・オッタヴィオ・マニョカヴァッリの設計によって一旦工事が開始されたものの、結局未完成に終わりました。


P1280887
1950年頃、宗教活動が停止され、その後の改造を工事を経て、1994年に教会だった建物はショッピングセンターに生まれ変わりました。


P1280889
左側壁に店舗が設けられてます。


P1280888
教会の建物は総じて地震に強くないのですが、大丈夫でしょうか?


P1280893
最後の望みは市立博物館ですが、日が悪いので、多分臨時休館だろうと諦めていました。


P1280895
19世紀に建設されたPalazzo Gaspardoneです。


P1280897
中庭に入ってみました。


P1280898
現在、Governatoreになってます。


P1280894
写真右の建物が市立博物館です。


P1280899
15世紀末に建設されたサンタ・クローチェ修道院だった建物です。


P1280900
旧修道院の建物が市立博物館になってます。


P1280901
この日は何故か休館でした。


P1280902
城、美術館、博物館などが全てダメでした。


P1280903
これでは何もやることがありません。


P1280906
夕方にも城。美術館、博物館、教会などに行きましたが、状況は変わらずでした。


P1280911
仕方がないので、ホテルで体を休めることにしました。
(おわり)