引き続きドゥオーモです。
P1050628
クーポラです。


P1050627
クーポラの四隅に四福音書記者が描かれてます。


P1050629
聖マルコ


P1050630
アントニオ・ギーニ・ダ・パオロ(ルッカ?、?-シエナ、1478以前没)の洗礼盤(1470-1474)


P1050631
アントニオ・ギーニの傑作とされてます。


P1050632
グロッセートの紋章


P1050494
イラーリオ・カソラーニ(シエナ、1588-1661)の「天上の聖母子と聖人たち」(1630)


P1050635
ヴェントゥーラ・サリンベーニ(シエナ、1568-1613)の「キリストの勝利と聖ロレンツォと聖カルロ・ボッロメオ」(17世紀初頭)


P1050637
傑作とされている聖人たちのステンドグラス


P1050639


P1050609
「祈るキリスト」のイコン


P1050488
ジローラモ・ディ・べンヴェヌート(シエナ、1470-1524)の作品


P1050621
主祭壇前から見た出入口方向


P1050496
外に出る前に、もう一度聖堂内部を見回しました。


P1050497
外に出ました。


P1050507
1870年から1873年に建設されたPalazzo Comunaleです。


P1050521
市庁舎が建設される前には、この場所に古いサン・ジョヴァンニ・デコッラート教会の建物がありました。教会は18世紀末に機能を停止しましたが、建物は倉庫として使用されていました。市庁舎を建設するために旧教会の建物は解体されたのです。


P1050479
ドゥオーモ広場を後にしました。


P1050499
ドゥオーモ広場からダンテ広場に入りました。


P1050503
ダンテ広場中央に立つのは、ルイージ・マギ(アシャーノ、1804-フィレンツェ、1871)の「レオポルド2世の記念碑」(1846)です。


P1050476
「カナポーネの記念碑」とも呼ばれてます。


P1050477
ロレンツォ・ポルチャッティ(カナ、1864-グロッセート、1928)の設計によって、1900年から1903年に建設されたPalazzo Aldobrandeschiです。


P1050506
現在、県庁舎として使用されてます。


P1050475
Palazzo Aldobrandeschiが建っている場所には、Palazzo Pretorioがありました。1898年、グロッセート市民は劣化したPalazzo Pretorioの修復を行って県庁舎として使用することを求めました。しかし、その願いは叶わず、1899年に解体され、その跡地にPalazzo Aldobrandeschiが新築されたのです。


P1050500


P1050501
ダンテ広場の南側にある建物です。


P1050498
ダンテ広場には古い建物が建ち並んでます。これらと調和させるために、Palazzo Aldobrandeschiが古風な造りにされたと言われてます。


P1050508
ダンテ広場を後にして、マニン通りを進みます。


P1050509
ジョベルティ広場へと進みます。


P1050511
ジョベルティ広場から振り返るとドゥオーモが見えました。


P1050510
ジョベルティ広場から南門に向かいます。


P1050512
南門を潜って城壁外に出ます。


P1050513
グロッセートに最初の城壁は12世紀に完成しました。
現在の城壁は、市域の拡大と防御力向上のために、トスカーナ大公コジモ1世・デ・メディチ(フィレンツェ、1519-1574)の命によって、1565年から1593年に建造されました。


P1050516
城壁はほぼ完全な形で残されてます。


P1050514
城壁外に設けられたParco Giochiです。


P1050515
城壁内に戻ります。


P1050517
城壁内に泊まるなら、このホテルがお勧めです。


P1050518
マッツィーニ通り


P1050519
Piazza Maestri del Lavaroにレストラン併設のホテルがあります。


P1050520
(つづく)