P1050788
やがてチェスの対局が始まりました。


P1050737
晴れていたのは嬉しいのですが、気温上昇と高湿気には困りました。


P1050739
日陰のベンチで一休み。


P1050742
グロッセートに来た最大の目的は、マレンマ博物館の入館です。


P1050744
博物館の開館時間まで、ぶらぶら歩きで時間潰しです。


P1050745
狭い城壁内なので、同じ場所に何度も来てしまいます。


P1050746
日陰を選んで歩きました。


P1050749
マレンマ地方観光の醍醐味は、ソヴァーナ、ソラーノ、ピティリアーノです。


P1050750
ピティリアーノへは、グロッセートからバスがあるので、簡単に行けます。


P1050751
ソヴァーナへは、鉄道駅からの直通バスはなくなって、ピティリアーノ発のバスで行くことになったので不便になりました。


P1050753
サンタ・キアーラ教会は、相変わらず扉が閉まっていました。


P1050755
サン・フランチェスコ教会は開いてました。


P1050756
ジュゼッペ・カスッチ(ロッカストラーダ、1877-アルゼンチン、1964)の「聖母子と聖フランチェスコと聖フォルトゥナート」(1927)をじっくり見ました。


P1050757
もう一度拝観しました。


P1050457
マレンマ博物館にやってきました。神学校だった建物です。


P1050458
博物館前の彫像は、「アンドレア・ダ・グロッセート(グロッセート、13世紀前半‐?、?)像」です。
アンドレア・ダ・グロッセートは、散文作家でグロッセートのサン・フランチェスコ教会の修道士でした。当時の作家はラテン語で書くのが普通でしたが、アンドレア・ダ・グロッセートはイタリア語の最初の作家という説があります。


P1050459
マレンマ博物館と簡単に表記しましたが、Museo Archelogico e D' Arte della Maremmaが正式名称です。


P1050455
開館時間がこのように表記されてますが、この日は16:00~19:00のみの開館でした。


P1050797
入館しました。


P1050800
マレンマ博物館については、既に書きました。
ご興味のある方は、次のページをご参照願います。
(前編)
http://luca-signorelli.blog.jp/archives/17823152.html
(後編)
http://luca-signorelli.blog.jp/archives/17826171.html


P1050816


P1050825


P1050830
アレッサンドロ・カソラーニ(メンサノ、1552‐シエナ、1660)の「磔刑」(1583)


P1050844
Maestro dell' Osservanzaの「聖ジローラモ」(左)(1450‐60c)とサーノ・ディ・ピエトロ(シエナ、1406‐1481)の「聖アントニオ・アバーテ」(右)(1450‐60c)


P1050846
サンティ・ディ・ティート(ボルゴ・サン・セポルクロ、1536‐フィレンツェ、1603)の「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖エリザベッタ」(1601)


P1050869
グイド・ディ・グラツィアーノ通称グイド・ダ・シエナ(シエナ、1230c‐1290c)と工房の「最後の審判」(13世紀)


P1050903
ルドヴィーコ・カルディ通称イル・チゴリ(チゴリ、1559‐ローマ、1613)の「ピエタ」(1599c)


P1050874
バルトロメオ・ブルガリーニ(シエナ、1337‐1378記録)の「聖母子」(1370)


P1050885
ジョヴァンニ・ディ・二コラ(シエナとピサ、1326から記録-1363/1365没)の「聖母子」


P1050894
アンドレア・ディ・ニッコロ(シエナ、1440-1514)の「ピエタのキリスト」(15世紀末)


P1050762
外に出ました。


P1050763
次はMuseo di Storia Naturale della Maremmaです。


P1050764
この日は、残念ながら開いていませんでした。


P1050765
特にやることがありません。


P1050766
見たいところは大体見たようです。


P1050767
これならば、昼食でワインを1本空け、ビールを飲んで時間をかけて楽しむべきでした。


P1050768
サン・フランチェスコ教会の鐘楼が見えてます。


P1050769
Piazza Pacciardi
写真左はミゼリコルディア教会です。


P1050772


P1050774
グロッセートのニャーゴ


P1050775
城壁にやってきました。


P1050777
城壁外に出ます。


P1050778
Porta Vecchia


P1050779


P1050780


P1050781
ホテルに戻ることにしました。


P1050990
夕方になると、人出が多くなります。


P1050991
サン・ピエトロ教会が開いていました。


P1050992
拝観しました。


P1050793
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。
(グロッセートの項、おわり)