026
普通列車に乗車してマチェラータ駅に向かいます。
コロナ禍プラス体調のせいで、大好きなイタリアとご無沙汰が続いてますが、このところ急速にイタリア熱が冷めているのを実感してます。


008
マチェラータ駅に到着しました。


275
マチェラータは、人口41,010人(2020年4月30日現在)のマルケ州マチェラータ県の県都です。


277
駅のホームからサンティッシモ・サクラメント教区教会が見えます。カプチン会によって1540年に建設されました。


274
マチェラータ駅の駅舎です。


272
駅前から旧市街が見えます。この日のお宿は城壁内にあります。


273
駅前にタクシーが常駐しています。疲れ気味だったので、タクシーでホテルに向かいました。


027
この日のお宿です。


028
チェックインを済ませてから直ぐに外出しました。
城壁内のPorta Mercatoが写ってます。


029
マッツイーニ広場です。


031
広い広場です。中世の頃から市場広場です。


030
青空市が立たない日は、広場は閑散としてます。


032
写真左の建物は、Ufficio del Territorioです。


033
現在、建物は売りに出されているようです。


034
この日の夕食をここで食べることにして、予約しました。


035
ラウロ・ロッシ通りです。


036
先ずサンタ・マリア・デッラ・ポルタ教会に向かいます。


037
上り下りがある道です。


039
マチェラータは、ルネサンス、バロックの建物で溢れてます。


038
ラウロ・ロッシ広場です。


040
サンタ・マリア・デッラ・ポルタ教会です。その歴史は古く10世紀に遡るゴシック様式、ルネサンス様式の建物です。


041
その後、修復、改造されました。


042
2016年と2017年に起きた地震によって被害を受け、現在は閉鎖されてます。


043
坂道を上ってリベルタ広場に向かいます。


044
リベルタ広場です。広場に面して、街の重要な建物が建ってます。


045
市の塔です。高さが62メートルあります。
1492年に創建され、17世紀後半に完成しました。


047
リベルタ広場が街の中心でしょう。


046
市庁舎 Palazzo del Comuneです。
大学本部の建物として1606年に建設されましたが、1665年に市庁舎となり、現在に至ってます。


058
1810年に一部再建されました。


060


059
ロッジャから中庭に入ります。


061
市庁舎の中庭です。


062
噴水


063


064


065
ローマ時代の発掘物があります。


066


067


068
市庁舎からリベルタ広場に出ました。


052
リベルタ広場に面して建つサン・パオロ教会です。


053
1623年から1655年に建設されました。


054
19世紀に宗教活動を停止した旧教会です。
教会の建物は、第一次世界大戦では穀物倉庫、第二次世界大戦中には金庫として使用されましたが。1960年から大学となってます。


055
教会横の大学の入り口です。


057
(つづく)