P1780029
お目当ての作品です。


P1780026
この展示室で唯一の展示作品です。


P1780030
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知」(1432c)
10年ほど前まではベアート・アンジェリコの帰属作品とされていましたが、近年になって研究が進んで、真作とされるようになりました。しかし、今なお異論を出す研究者などがいます。


p1780334ベアート・アンジェリコが完成させてから1438年まで、この作品の行方が不明とされています。
確実なことは、サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノの郊外モンテカルロのサン・フランチェスコ修道院に1438年から20世紀末まで、この作品が置かれていたことです。
最も相応しいとされる推論は、アンジェリコが制作したのは受胎告知部分だけで、裾絵はアンジェリコの協力者で、フィレンツェの名家ストロッツィ家の一員ザノービ・ストロッツィによって描かれたのですが、裾絵制作のために、何処かにあったという説です。
(写真は、モンテカルロのサン・フランチェスコ修道院)
ベアート・アンジェリコは、大画面の受胎告知を3点制作したことが分かってます。
第一作は、コルトーナの教区美術館にある、所謂コルトーナの受胎告知(1430c)です。
第二作が、このサン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノの受胎告知(1422c)とされてます。
第三作が、プラド美術館にある、所謂プラドの受胎告知(1435)です。
参考までに、コルトーナとプラドの作品画像を載せておきましょう。


p1780336
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知(コルトーナの受胎告知)」(1430c)
コルトーナのジェズ教会にありました。


p1780337
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1495c-ローマ、1455)の「受胎告知(プラドの受胎告知)」(1435)
フィエゾレのサン・ドメニコ修道院にありましたが、1611年にスペイン国王に売却されて、スペイン王室所有となりました。
ベアート・アンジェリコの受胎告知では、フィレンツェのサン・マルコ修道院にある2点のフレスコ画が有名です。


p1780339
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知(サン・マルコの受胎告知)」


p1780338
ベアート・アンジェリコ(ヴェッキオ、1395c-ローマ、1455)の「受胎告知」
フィレンツェ、サン・マルコ修道院の第3僧房にあります。


P1780056


P1780035
サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノの作品に戻ります。


P1780034
父なる神


P1780038
受胎告知する大天使ガブリエーレ


P1780040
受胎告知される聖母


P1780025
プレデッラを見ます。
前述のようにプレデッラは、ベアート・アンジェリコの協力者だったザノービ・ストロッツィ(フィレンツェ、1412-1468)によって描かれました。
裾絵ですが、「キリスト生誕」の部分が欠落していると言われてます。


P1780043
聖母の結婚


P1780047
ご訪問


P1780049
マギの礼拝


P1780051
キリストの神殿奉献


P1780054
聖母の死


p1780335
詳しく見ます。


p1780340
サイズは、縦195cm、横158cmです。


p1780341
受胎告知と父なる神がベアート・アンジェリコの作品です。


p1780342
大天使ガブリエーレ


p1780343
金が使われてます。


p1780347


p1780344
左上部分に注目です。


p1780348
左上にアダムとイヴの楽園追放が描かれてます。


p1780346
聖母マリア


p1780349


p1780350


p1780351


p1780352


p1780353
父なる神


p1780354


p1780355


p1780356
プレデッラ


p1780357
聖母の結婚


p1780358
ご訪問


p1780359
マギの礼拝


p1780360
キリストの神殿奉献


p1780361
聖母の死


P1780027
(つづく)