P1020274
サンタントニオ・アバーテ教会が見える店で昼食を食べます。


P1020405


P1020406


P1020407


P1020275
お腹一杯になりました。酔い覚ましのブラブラ歩きです。


P1020269
サン・トンマーゾ・アポストロ教会前で大道芸人が演技中でした。


p1320365
サン・トンマーゾ・アポストロ教会の存在が1178年に記録に初めて記載されたそうです。


p1320364
ネオ・ゴシック様式のファサードは1897年に再建されたものです。


p1320366
浮彫下の碑文は創建時のオリジナルです。


P1020270
浮彫は19世紀末の新しいものです。


P1020272


P1020273
中に入りました。


p1320368
「磔刑」のフレスコ画(16世紀)


P1020276
ビール一杯とワイン一本飲んだだけでしたが、かなり効いてます。


P1020277
直ぐにトイレに行きたくなって困りました。


P1020278
サン・ぺテルニアーノ聖堂の鐘楼です。


P1020279
トイレ休憩のため、バールを探します。


P1020280
トイレを済ませて、ホッとしながら酔い覚ましの散歩です。


P1020281
比較的見所が多いと思うファーノですが、日本人には全く人気がないようです。


P1020282
美味しい魚料理に美味しいワインがあるので、もう少し人気が出ても良いと思います。


P1020283
ウルビーノに簡単に行き来できるファーノです。


P1020285
ファーノではブランド品は売ってません。


P1020286
サンガッロ要塞に向かいます。


P1020287
年を取るということは、友人たちの訃報に接することだ、と痛感してます。


P1020288
サンガッロ要塞にやってきました。


P1020289
13世紀末からマラテスタ家の支配を受けるようになったファーノですが、街の防衛力強化を企図したマラテスタ家によって城壁の拡大整備が行われました。


P1020290
サンガッロ要塞の中に入りました。


P1020291
マラテスタ家のファーノ支配は、1463年に終わりを告げました。
最後のファーノ候シジスモンド・マラテスタ(ブレーシャ、1417-リミニ、1468)は、ウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ(グッビオ、1422-フェッラーラ、1482)とフェデリーコ率いる教皇軍に敗れてファーノを放棄したのです。


P1020292
ファーノは、教皇領となりましたが、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ公の生存中はフェデリーコの治世下に置かれましたが、フェデリーコ公が没すると教皇庁の支配下になりました。


P1020293
第219代教皇クレメンテ7世・デ・メディチ(フィレンツェ、1478-ローマ、1534 教皇在位:1513-1534)は、1532年、マルケ地方の防衛構造強化を打ち出し、その一環として新要塞の建設が決定されました。
マルケ地方の防衛力強化について、教皇お抱えの建築家アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネ(フィレンツェ、1483-テルニ、1546)が起用され、ファーノ新要塞の設計がアントニオによって行われました。


P1020294
しかし、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネはアンコーナ要塞などで多忙であり、ファーノ要塞の建設には中々着手出来ませんでした。


P1020295
新たにルカ・サンガッロが起用され、アントニオ設計に基づき、要塞の建設が開始されました。


P1020296
1550年の聖年に教皇となった第221代教皇ジュリオ3世(モンテ・サン・サヴィーノ、1487-ローマ、1555 教皇在位:1550-1555)は、要塞の完成を急がせ、ようやく1552年にサンガッロ要塞が完成しました。


P1020297
サンガッロ要塞の名称は、設計と建設工事を担当した二人のサンガッロに因んでます。


P1020298
1910年に始まった都市計画によって、城壁と要塞が破壊されるようになりました。


P1020299
城壁と要塞の破壊は徐々に進められましたが、1970年頃から歴史遺産保存運動が高まりと共に破壊作業が中断され、やがて修復、復元されるようになりました。
2007年にサンガッロ要塞の復元工事が完了しました。


P1020300
ファーノ駅の駅舎が見えてます。


P1020301
サンガッロ要塞は駅前にあるのです。


P1020302
海水浴場として有名なファーノ海岸に向かいます。
駅の直ぐ向こうが海岸です。


P1020306
ファーノ海岸です。


P1020307


P1020308
海に入る人がいたので驚きました。


P1020305
そうは言っても海水浴客は誰もいませんでした。
(おわり)