引き続きドゥオーモです。
p1320542
美術的に必見のCappella del Malchiostroです。


p1320543
ティツィアーノの祭壇画とポルデノーネのフレスコ画で有名です。


p1320544
トゥッリオ・ロンバルド(ヴェネツィア、?-1532)とアントニオ・ロンバルド(ヴェネツィア、1458-フェッラーラ、1516)兄弟(トゥッリオが兄です)によって1520年に造られた礼拝堂です。


p1320545
祭壇画は、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(ピエーヴェ・ディ・カードレ、1488/1490-ヴェネツィア、1576)の「受胎告知」(1519-20)です。


p1320546
後ろで顔を見せているのは礼拝堂の発注者でしょうか?


p1320547


033
「聖リベラーレ」を除いて、Cappella del Malchiostroのフレスコ画はポルデノーネの作品(1519)です。


p1320548
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483-フェッラーラ、1539)の「アウグストゥスの夢」(1519)
クーポラの、この部分のフレスコ画は、1944年4月7日のドイツ軍の爆撃によって被害を受けました。


034
写真右が「聖リベラーレ」のフレスコ画です。ポルデノーネの作品ではありません。


p1320549
ポンポニオ・アマルテオ(モッタ・ディ・リヴェンツァ、1505‐サン・ヴィトー・アル・タリアメント、1588)の「聖リベラーレ」
ポンポニオの妻は、ポルデノーネの娘です。その関係で、ポンポニオによって描かれたのでしょう。
そうは言っても、ポンポニオ・アマルテオは、生涯に5人の女性を妻帯したと言われ、相当な浮気者だったようです。なお、ポルデノーネの娘は、ポンポニオの二番目の妻でした。


p1320550
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェッラーラ、1539)の「聖パオロ」(1519)


035
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェッラーラ、1539)の「マギの礼拝」(1519)


p1320551


p1320555


036
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェッラーラ、1539)の「ご訪問」(1519)


p1320552


p1320553


p1320554
ジョヴァンニ・アントニオ・デ・サッキス通称イル・ポルデノーネ(ポルデノーネ、1483‐フェッラーラ、1539)の「聖ピエトロ」(1519)


031
サンティッシモ・サクラメント礼拝堂です。


p1320556


p1320557


043
ドゥオーモ広場に面して建っている建物です。


111
面白い形をした南瓜が並んでます。


112


116
ロマネスク様式の歴史的建造物です。


p1320560
1276年から1277年に建設されたLoggia del Cavalieriです。


p1320559
1944年4月7日、ドイツ軍の爆撃を受けたので、戦後に修復されました。


p1320558
ロッジャの中に入ります。


118
展示場、コンサート会場などに利用されてます。


117
中に入っても特に見所がなさそうです。


119
次はサン・レオナルド教会です。


121
サン・レオナルド広場です。


120
サン・レオナルド広場に面して建つサン・レオナルド教会です。サンタ・リータ教会とも呼ばれてます。


123
現在地には、サン・レオナルド病院がありましたが、病院付属の礼拝堂が前身です。礼拝堂から規模拡大されてサン・レオナルド教会になりました。サン・レオナルド教会は、1330年の文書に初めてその存在が記載されました。


122
1657年に再建された建物が現在の姿の原形となってますが、ファサードは20世紀に新造された新しいものです。


124
「水の都」、「小さなヴェネツィア」と呼ばれているトレヴィーゾです。


125
水車があります。


126
魚市場です。


128
閉店時間が早い魚市場です。


129
流れが速く、水量が多い川です。


130


132


131
(つづく)