168
サンタ・マリア・マッジョーレ広場にやってきました。


170
サンタ・マリア・マッジョーレ教会です。


p1320572
この場所に1世紀から3世紀に建設されたエジプトの女神イシスを祀る異教の寺院がありましたが、キリスト教が国教となるに伴い、初期キリスト教会に転用されました。


p1320573
899年、マジャール人の侵攻によって初期キリスト教会は、破壊されてので、11世紀に再建されました。


172
15世紀中頃、二代目の建物は経時劣化のため破壊され、三代目の建物が1473年に創建され、16世紀に完成しました。そのヴェネツィア式ゴシック様式の三代目の建物が現在の姿です。


174
左側壁です。


173
後陣


p1320574
19世紀の制作されたエッチングです。鐘楼が低いことが分かります。


171
ファサードよりもかなり高い現在の鐘楼です。時計塔にするために20世紀に鐘楼が改造されたのです。


p1320575
20世紀に追加された時計


169
美術的な見所は、トンマーゾ・ダ・モデナに帰属するフレスコ画でしょう。


p1320576
三廊式、ゴシック様式の内部です。


p1320577
マドンナ・グランデ礼拝堂です。


p1320583
礼拝堂の祭壇


p1320578
トンマーゾ・ダ・モデナ(モデナ、1326-1379)に帰属する「マドンナ・グランデ」


p1320582


p1320581


p1320579
マドンナ・グランデ礼拝堂の上にもフレスコ画があります。


p1320580
15世紀のフレスコ画


p1320584
他にも見所が沢山あります。


175
古そうな建物にフレスコ画があります。


176
かなり出来が良い「聖母子」ですが、制作者や制作された時期などが分かりません。


177
洪水の心配がありそうですが・・・・・


178
水位が低い場所が大部分です。


179
ホテルに戻りました。


001
トレヴィーゾの城壁です。


001
ホテルの部屋からの眺めです。


002


P2490173
この日は快晴でした。


P2490172
トレヴィーゾの紋章が壁にあります。


P2490174
非常に心地よい日でした。


P2490175
見慣れた光景です。


P2490176
サン・マルティーノ・ウルバーノ教会です。ラ・スペツィア大聖堂の小型版の建物に見えます。


P2490177
街の中心に向かいます。


P2490178
ポポロ通りです。


P2490179
マリオ・デル・モナコ像を見ます。


P2490180
イタリアの名オペラ歌手マリオ・デル・モナコ(ガエータ、1915-メストレ、1982)像です。


P2490181
フィレンツェ生まれとされていたマリオですが、後にマリオ自身がガエータ生まれと言ったそうです。晩年、腎臓を患ったモナコはトレヴィーゾ郊外の別荘で腎透析などの治療を受けていましたが、心臓発作を起こし、メストレの病院に運ばれて、そこで没したのです。


P2490182
トレヴィーゾのシンボル、時計塔です。


P2490183
(つづく)