P1200655
写真左はドゥカーレ宮殿の壁です。


P1200656
チェーザレ・ベッカリア通りです。


P1200658
サンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会に向かいました。


P1200659
道の突き当りにサンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会があります。


P1200660
サンタ・マリア・アンヌンツィアータ教会、またはセルヴィ教会とも呼ばれてます。
地震で被害を受けて、修復工事が行われていたドゥオーモに代わって、一時的にドゥオーモの役割を担っていました。


P1200603
ジュリオ・ボッロメオ神父がグアスタッラ伯爵のチェーザレ1世・ゴンザーガ(1535-1575)にこの場所に教会の建設を願い出て許され、建築家フランチェスコ・カプリアーニ・ダ・ヴォルテッラ(ヴォルテッラ、1535-ローマ、1594)の設計によって、1569年に創建され、1585年頃に一応の完成をみました。
チェーザレ1世は、カルロ・ボッロメオの姉カミーラ・ボッロメオと結婚していました。また、ジュリオ・ボッロメオ神父は、ボッロメオ家の出身だったので、ボッロメオ家とゴンザーガ家が教会建設のための資金援助を行いました。


P1200601
しかし、直ぐに手狭になったので、建築家ジョヴァンニ・アントニオ・フィリッピの設計によって、1600年から増築工事が開始され、1607年に完成しました。1607年に奉献式が執り行われました。


P1200661
1696年の地震によって、大きな被害を受けたので、1696年に修復工事が開始されました。しかし、工事中の1702年、スペイン継承戦争にグアスタッラは巻き込まれ、フランスとスペインの砲撃を受けて、建物の3分の1が破壊されてしまいました。
1717年に大改修工事が完了しましたが、現在のファサードとクーポラは、その際、再建されたものです。


P1200602
現在の鐘楼は、1704年に再建された二代目となるものです。


P1200744
ゴンザーガ家が庇護した格式の高い教会です。


P1200604
ドゥオーモが修復工事の間、朝から夕方まで開いていました。


P1200743
拝観します。


P1200664
中に入りました。


P1200667
三廊式、バロック様式の内部です。


P1200665
左右の側廊に礼拝堂が設けられてます。


P1200666
天井


P1200670
左側廊


P1200669


P1200668
右側廊


P1200671


P1200673
詳細不知


P1200678
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボロニーニ(ボローニャ、1611-1668)の「聖マリア・マッダレーナと聖ルチアと聖アポッロニア」(1665)


P1200679
上記作品の祭壇


P1200681
詳細不知


P1200686
Presbiterio


P1200690


P1200693
ピエトロ・アントニオ・ロターリ(ヴェローナ、1707-サンクト・ペテルブルグ、1762)の「受胎告知」(1738)


P1200697
後陣の装飾


P1200688
クーポラ


P1200699
この教会で最も有名な作品です。


P1200700
ジュゼッペ・マリア・クレスピ(ボローニャ、1665-1747)の「ピエタと奉仕秩序の創立聖人たち」(1730)


P1200702
逸名彫刻家作「磔刑像」(18世紀)


P1200708
ジュゼッペ・マッツァ(ミラノ、1817-1884)の「天上のキリストと聖人たち」


P1200709


P1200710


P1200714
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボロニーニ(ボローニャ、1611-1668)の「聖セバスティアーノと聖フィリッポ・ベニッツィ」(1665)


P1200719
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボロニーニ(ボローニャ、1611-1668)の「聖母子と聖人たち」(1665)


P1200722


P1200723
上記作品の祭壇


P1200726
詳細不知


P1200727
上記作品の祭壇


P1200729
ジュゼッペ・マッツァ周辺の逸名画家作「聖母子」


P1200732
詳細不知の「聖母子と二聖人」


P1200736
詳細不知


P1200738


P1200739
詳細不知の「ピエタ」


P1200685
カウンターファサードにオルガンがあります。


P1200742
外に出ました。
(つづく)