P1160267
左第四礼拝堂です。


P1160266
左第四礼拝堂の天井装飾


P1160269
左第三礼拝堂


P1160268
詳細不明


p1002
見所が多い聖堂です。


P1160272
ジョヴァンニ・パオロ・メルキオッリ(ローマ、1664-1745)の「人々の安寧を祈る聖アルベルト」


p1003


P1160284
左第三礼拝堂右側壁の祭壇画です。


p1004
ジョヴァンニ・パオロ・メルキオッリ(ローマ、1664-1745)の「聖家族と聖アルベルト」


P1160285
左第三礼拝堂の左側壁の祭壇画です。


p1005
ジョヴァンニ・パオロ・メルキオッリ(ローマ、1664-1745)の「聖人たち」


p1006
ジョヴァンニ・パオロ・メルキオッリ(ローマ、1664-1745)の「聖母子」


p1007
ジョヴァンニ・パオロ・メルキオッリ(ローマ、1664-1745)による左第三礼拝堂天井の装飾


p1001
左第二礼拝堂です。


P1160287
こちらの方の祭壇画はキリストの昇天になります。


P1160299
キリストの昇天とキリストの復活は似てるようでも表現が違います。


p1008
ジュゼッペ・バルトロメオ・キアーリ(ローマ、1654-1727)の「キリストの昇天」


P1160293
左第二礼拝堂の右側壁にある祭壇画です。


p1009
デイフェボ・バルベリーニの「我に触れるな」(1673)
この画家は全く知りません。


P1160298
左第二礼拝堂の左側壁にある祭壇画です。


p1010
デイフェボ・バルベリーニの「聖トンマーゾの不信」(1673)


P1160305
左第一礼拝堂です。


P1160307
左第一礼拝堂の祭壇画


p1011
ジョヴァンニ・オダッツィ(ローマ、1663-1731)の「聖母の結婚」


P1160306
左第一礼拝堂の天井装飾


P1160317
アストルフォ・ペトラッツィ(シエナ、1583-1665)による左第二礼拝堂の天井装飾


p1012


P1160311
左第一礼拝堂の右側壁にある祭壇画です。


p1013
アストルフォ・ペトラッツィ(シエナ、1583-1665)の「エジプトへの逃避途中の休息」


P1160322
左第一礼拝堂の左側壁にある祭壇画です。


p1014
アストルフォ・ペトラッツィ(シエナ、1583-1665)の「エジプトへの逃避」


P1160323
左側廊です。


p1015
次はクリプタです。


p1016
Cripta della Misericordia、ドゥオーモのクリプタです。


p1017
この場所は、取り壊された建物の下にあった墓地でした。コッレ・ディ・ヴァル・デルザが独立した司教区になった時、司教座教会に相応しい建物(現在のもの)を建てる際、墓地だった土地の地盤強化のために、墓を掘り起こし地盤強化工事と土地を平坦化してから、17世紀末から18世紀初頭にかけて改めてクリプタが建築されました。


p1018
クリプタの壁がフレスコ画で覆われてます。


p1019
フレスコ画の制作者は、一応ジョヴァンニ・ドメニコ・フェレッティ(フィレンツェ、1692-1768)とされてますが、帰属は不確実とされてます。


p1023
クリプタの主祭壇


p1022
主祭壇画は、アンニーバレ・マッツゥオーリ(シエナ、1658-ローマ、1743)の「聖母子と聖アルベルトと聖ロッコと聖ルチアと聖ジュゼッペ」


p1020
祭壇がもう一つあります。


p1021
ピエトロ・アルデルリーニ(フィレンツェ、1687-1755)の「聖マルゲリータ」
(つづく)