1「玉座の聖母子と司教聖人」


2


17


18


3
「キリストと聖人たち」


4


5
ヴィターレ・ダ・ボローニャのフレスコ画です。


6


7
最後の晩餐


8


9
次は第7室です。


10
シノピエが展示されてます。


11
第7室で展示されているシノピエは、第8室で展示されているフレスコ画のものです。


12


13


14


15
次は第8室です。


16
フレスコ画が展示されてます。


19
第8室はSala di Mezzarattaと呼ばれてますが、その名称の由来は、これらのフレスコ画はChiesa di Santa Apollonia da Mezzarattaにあったからです。


21
Chiesa di Santa Apollonia da Mezzarattaのフレスコ画の大部分は、ヴィターレ・ダ・ボローニャによって描かれたものです。


22


23
ヴィターレ・ダ・ボローニャの受胎告知


24


29


30


25
ヴィターレ・ダ・ボローニャのマリアの夢


26


27


28


35
向かって右の壁に展示されているフレスコ画です。


31
シモーネ・デイ・クローチフィッシの「割礼」(1350‐60c)


32


33
シモーネ・デイ・クローチフィッシの「マギの礼拝」(1350‐60c)


34


36


37


41


38
ボローニャの逸名画家によるフレスコ画(1330‐75c)


39


40


42
(つづく)