この付近はエトルリア人によって築かれた町が多いのですが、アンギアーリもエトルリア起源の町です。
P1750252
丘の上に築かれた町で、しかも高い城壁ですから難攻不落と思いきや、簡単にフィレンツェの軍門に下りました。
P1750255
重要な城門の上が民家のテラスになってます。
P1750257
13世紀に構築されたサンタンジェロ門です。
P1750258
門の上のタベルナコロ
P1750264
門を潜り、城壁内の城壁沿いの道に出ました。
P1750269
花いっぱいの家です。
P1750272
雲行きは相変わらず。
P1750274
城壁沿いの道に面して城塞代わりの建物が聳えてます。
P1750275
城壁の下の少し先に川が流れています。サンセポルクロに向かう道が真っ直ぐ伸びてますが、その川に架かる橋の付近がアンギアーリの戦いの激戦が行われた場所です。
P1750285
城壁上の道を広場の方に向かいました。
P1750291
教会の向こうの方はまだ青空が見えてますが、とうとうポツリポツリと雨が落ちてきました。
P1750299
写真左の建物は旧修道院です。
P1750301
傘を持っていないので、そろそろホテルに戻った方が無難のようです。
P1750302
ホテルのテラスが見えます。濡れたところで大した距離ではないので、雨天決行です。
P1750307
小さな町は何かと気楽に過ごせます。
P1750304
P1750308
幸運なことに雨が小降りになりました。
P1750313
実は、散歩の間は何とか天気が持ってくれたのですが、ホテルに着くやいなや土砂降りの大雷雨となったのです。雨男の私ですが、この時は珍しくラッキーでした。
P1750314
もう一つの門に向かいました。
P1750316
この道はそうでもないですが、車が進入できそうもない細い道でもイタリア人は器用に運転しますね。
P1750320
ところがブラッチヤーノの町で、この道を車が通るのはどうして無理だろうと思った道に車が進入してきたのです。私は言えの庭に少し入り込んで車を退避したのですが、直ぐにバリバリと音が!サイドミラーが家の石壁に見事に接触。運転手は流石に地元の人でなくローマから来た観光客でした。
P1750324
P1750326
門が見えました。
P1750328
写真左の建物は13世紀に建築されたそうです。
P1750332
門の所に銘板がありました。
P1750331
参りました!この門もサンタンジェロ門です。2箇所あるんですね。
P1750350
ニャーゴと遊びました。
P1750352
(つづく)