修復のため、長らく閉鎖されていたが、工事が終了したとのネット記事を見たので行きました。この教会はオルヴィエートで最古の教会と言われてますが、注目すべきフレスコ画が沢山残っていて美術ファンにとっては必訪でしょう。
P2160609
マラブランカ通りを進み、城壁に面した所に教会があります。
P2160425
城壁内の西端に位置してます。
P2160606
身廊がマラブランカ通りに面してます。出入口はファサード側と身廊側にあります。
P2160608
P2160607
身廊側ポータル上ルネッタの「聖ジョヴェナーレの浮彫」(1497)
P2160600
ここで教会の歴史について、簡単に触れておきましょう。
この地に、エトルリア人が建てたジョーヴェ(ジュピター)を奉る神殿がありましたが、6世紀頃に神殿を初期キリスト教会に転用され、その際、聖ジョヴェナーレに献じたとされてます。
P2160576
10世紀末、旧神殿の教会を取り壊し、その上に新しい建物を建てることになりました。当時、オルヴィエートの裕福な貴族たちの寄進によって、1004年に建てられたロマネスク様式の建物が現在の姿の原形です。
また、1028年、オルヴィエート司教区が出来ると、司教座が置かれました。現在のドゥオーモが建設される以前は、この教会がドゥオーモでした。
P2160601
14世紀、建物が増築されることになり、増築部分はゴシック様式で建設されましたが、14世紀の増築後の建物が現在の姿になってます。
P2160432
三廊式、ロマネスク・ゴシックの折衷様式の内部です。新しく見えるのは、最近行われた修復工事によります。
P2160433
中央通路から見た左側廊方向です。
P2160570
左側廊
P2160571
左側廊からの眺め
P2160434
中央通路から見た右側廊方向
P2160542
右側廊
P2160543
壁や柱がフレスコ画で覆われていたと考えられてます。
P2160568
天井
P2160436
内陣の中央に三段の階段があります。階段によって内陣が二分されてますが、階段を境にファサード側が14世紀の増築分になります。
P2160464
主祭壇
P2160466
ピエトロ・ディ・二コラの「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(15世紀後半)
P2160438
ウンブリアの無名画家による「聖母子と2聖人」(14世紀後半)
P2160440
アンドレア・ディ・ジョヴァンニの「受胎告知」(15世紀初頭)
P2160442
ピエトロ・ディ・二コラの「聖母子と聖アントニオア・アバーテ」(1460c)
その左のピエトロの作品で「聖ロムアルド」
P2160443
詳細不明
P2160444
詳細不明
P2160447
ウンブリアの無名画家による「授乳の聖母」(14世紀)
P2160450
チェーザレ・ネッビアの追随者による「磔刑と聖ジョヴェナーレと聖マルコ」(17世紀初頭)
P2160452
礼拝堂天井のフレスコ
P2160455
オルヴィエートの無名画家による「洗礼者聖ジョヴァンニと聖アントニオ・アバーテ」(15世紀第1四半世紀)
P2160458
ジョヴァンニ・ディ・ブッチオ・レオナルデッリの「受胎告知とご誕生」(1360‐70c)
P2160471
ピエトロ・ディ・二コラの「シエナの聖ベルナルディーノ」(15世紀後半)
P2160473
ピエトロ・ディ・二コラの「聖家族」(15世紀後半)P2160475
オルヴィエートの無名画家による「福音書記者聖ジョヴァンニ」(16世紀)
P2160477
剥離以前の壁がどうだったのか、そんなことを考え乍ら眺めました。さぞや見ものだったでしょうね。
P2160479
「聖母子」が幾つあるのでしょうか?
P2160481
Maestro Lorenzoの「聖マルコ」(16世紀第1四半世紀)
P2160483
詳細不明
P2160485
Maestro di San Brizioの作品(1312)
P2160488
Maestro di San Brizioの「聖クリストフォロ」(14世紀初頭)(写真右端)
P2160491
オルヴィエートの無名画家による「聖母子」(15世紀前半)
P2160494
アンドレア・ディ・ジョヴァンニ?の「受胎告知」(15世紀前半)
修復のやり過ぎと思います。
P2160502
ピエトロ・パオロ・センシーニの「聖母子と聖人たち」(16世紀後半)
P2160504
ピエトロ・ディ・プッチーニ派画家による「磔刑」と「聖ロムアルドと洗礼者聖ジョヴァンニと司教の聖人と聖ロレンツォ」(15世紀初頭)
P2160505
ピエトロ・ディ・プッチーニ派画家による「聖グリエルモ」(15世紀前半)
P2160508
Maestro SeviroとMaestro Martinoの共作「磔刑」(13世紀中ごろ)
P2160511
ペルージャの逸名画家による「聖母と聖ピエトロと寄進者」(14世紀前半)
P2160516
詳細不明のモザイク
P2160525
14世紀の無名画家による「Arbor Vitae」
P2160528
沢山ありますね。
P2160531
ウンブリアの無名画家による「磔刑」(14世紀初頭)
P2160534
ピエトロ・ディ・プッチーノの追随者による「聖ルーカ」(15世紀初頭)
P2160536
Maestro di San Lorenzo de Arariの「聖母子と2聖人」(14世紀初頭)
P2160537
詳細不明
P2160539
Maestro del Duomo di Orvietoの「聖母子と聖人たちと寄進者」(1305)
P2160546
Maestro di San Brizio派画家による「聖母子と聖ロレンツォと司教の聖人」(13世紀末)
P2160547
詳細不明
P2160555
詳細不明
P2160559
詳細不明
P2160573
キリがないので、この辺で終わりにしましょう。
P2160574
後陣の後ろに聖具室など幾つ部屋があるのですが、「最後の晩餐」などのフレスコ画があります。今回は施錠されて入室できませんでした。
P2160462
外に出ました。
P2160579
非常に見ごたえがあります。じっくり見ようとすれば1時間は必要でしょう。
P2160585
教会前の広場から眺め
P2160592
城壁から下を見下ろしました。
P2160591
P2160603
「最後の晩餐」が見たいので再訪するつもりです。
P2160602
(おわり)