P1420872
午後3時から予定されているサンタゴスティーノ教会のフレスコ画修復のガイドツアーに向かいました。


P1420876
15分あれば行けるだろうと思っていたら、何とこの細い道を通れば数分で行けたのでした。


P1420875
地図に載っている道はメインのものだけでした。


P1420877
ここを上ればマッツィーニ通りに出ることが出来ます。(この時はそれを知りませんでした)


P1420878
振り返ったところです。


P1420883
観光案内所で貰った精巧な地図はカバンに入れっぱなしで見ないという悪癖が抜けません。専らブログを書くときに地図を見てるだけです。


P1420888
自分が通った道のVia○○と書いてある標識がありますが、これを写真に撮っておくことにしてます。それをやっておくと、ブログを書くときに大いに参考になります。


P1420889


P1420893
未だ2時45分です。15分ほど暇つぶしが必要です。全くの想定外。


P1420895
遠くに行く訳に行かないので、午前中に見たところをブラブラ。


P1420897


P1420898
この15分は長かった!


P1420899
サンタゴスティーノ教会は目と鼻の距離


P1420900


P1420901
イタリア語の説明ツアーは午後2時からで、既に終わっていました。


P1420951
私が参加したのは英語のガイドツアーでした。


P1420907
色鮮やかに蘇らせるというよりも、フレスコ画に痛みがある部分を修復する方に注力して行われていました。


P1420910
点々と白くなっている部分が痛みがある所で、ここに同じ色の顔料で塗っていくのです。


P1420911
修復前に比べて色鮮やかに蘇り過ぎて、感じが全く違うという、かなり違和感がある修復もありますが、ここは違いました。


P1420914
ここは既に修復が終わったところです。


P1420916


P1420940
お金と労力がかかります。


P1420952
大変興味深い経験でした、良かったです。


P1420954
次は教会の隣にある市立博物館です。


P1420955
ここも良かった!


P1430341
展示作品については別途取り上げることにします。


P1430343
次は要塞に向かいました。


P1430344
(つづく)