P1860513
雨が降ってきたので、ぶらぶら歩きを止めて要塞に向かいます。


P1860517
サン・フランチェスコの塔です。


P1860514
要塞は二重の城壁によって守られています。


P1860515
町のホームページに、冬場でも土曜日と日曜日は開いていると書いてありました。この日は土曜日でした。だから来たのです。


P1860518
結論から言えば、ホームページの記述は正しくありませんでした。


P1860519
塔の内側にも町が築かれてます。


P1860521
18世紀に建設されたレメーディ邸です。


P1860522
学校


P1860523
この辺一帯は、4世紀に築かれた砦の周囲に出来た集落が前身です。


P1860524
通りの突き当りが要塞の本丸に相当する部分です。


P1860525
やって来ました。


P1860526
閉まっていました!


P1860527
これも予想の範疇でした。それならば、ホームページに閉まっていると書けばよいではないかというのが我々の考え方ですが、イタリアではそうは通じません。


P1860528
4世紀に築かれた砦の上に、ジェノヴァ共和国が10世紀に構築した要塞が原型です。


P1860530
15世紀後半、フィレンツェのロレンツォ・イル・マニーフィコが10世紀の要塞を更に拡充整備しましたが、その建物が現在の姿です。


P1860534
夏は野外コンサートなどが行われます。ホームページによれば、冬は土曜日日曜日だけの公開との事ですが、正しくは非公開です。


P1860531
こちらも楽しみにしてました。でも明かりが点いてない!


P1860533
電話を架けましたが、呼出音が聞こえるだけで誰も応答なしでした。
事前予約受付もメールで可能との事なので、出発前に日本からメールを出しましたが返事なしでした。


P1860535
雨の土曜日の夕方。誰もいません。


P1860536
開けていても誰も来ないのでしょう。


P1860538
保存状態は良いと思います。


P1860539
酷いことになりました。


P1860540
教会は一つも拝観が叶わず、要塞、教区美術館は開いていないですから。


P1860541


P1860542


P1860543
仕方がない。


P1860544
人気(ひとけ)がありません。


P1860545
退散するよりありません。


P1860547
残念ながら、こんなこともあります。


P1860546
チェントロに戻ることにしました。


P1860548
戻ったところで、ご覧のような有様ですから特にやることがありません。


P1860549
土曜日の夕べのミサもありません。


P1860550
B&Bに戻っても特にやることがありません。


P1860551
ぶらぶら歩きを続けました。


P1860552


P1860553
所が雨が強くなってきたのです。


P1860554
B&Bに戻る前に夕食を食べる所を探しました。


P1860555
見つけるのが大変でした。


P1860556


P1860557


P1860558
でも何とか見つけることが出来ました。


P1860559


P1860560
小さな町は、ダメだったときの選択肢が無いので、リスクがあります。


P1860561
サルザーナに行っても泊まるのは止めるべきだったと後悔しました。


P1860563
靴が濡れて来たので、もうダメ。B&Bに戻ります。


P1860565


P1860566


P1860567
B&Bは駅至近にあります。


P1860568
チンクエテッレに泊まれば良かった!サルザーナから乗車30分で行けますから。
(おわり)