P2140227
次はカラヴァッジョ作品がある展示室です。


P2140237
ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(ミラノ、1571‐ポルト・エルコレ、1610)の「キリストの埋葬」(1602c)
オラトリオ会の本部ともいえるローマのキエーザ・ヌオーヴァのために描かれた作品です。あのバリオーネでさえ称賛した傑作です。随分前になりますが、日本で出張展示されたことがあります。
ナポレオンによってフランスに持ち去られルーブル美術館で展示されていましたが、ナポレオンの失脚後、イタリアからの返還要求に対して、何故かヴァティカンに返還?されたのです。キエーザ・ヌオーヴァは、作品があった元の礼拝堂に戻すようにヴァティカンに要求したものの、果たされず、キエーザ・ヌオーヴァにはこの作品の複製画が飾られています。


P2140233
この絵画館で最も人気がある作品です。


P2140238
カラヴァッジョの作品の隣に、わざわざ曰くつきの作品と並べたところが面白いと思います。


P2140241
グイド・レーニ(ボローニャ、1575‐1642)の「聖ピエトロの逆さ磔」(1604‐05)
カラヴァッジェスキの作品そのものと言える傑作です。
1599年頃、ボローニャからローマに来たグイド・レーニは、直ぐにカラヴァッジョから強い影響を受けるようになり、カラヴァッジョ様式による完成作とも言えるのがこの作品です。
カラヴァッジョは自分の様式が他の画家に真似をされるのが大嫌いでした。この作品を見た直後に、カラヴァッジョは自分の真似をしたのが許せないとしてグイド・レーニに決闘を申し入れたのです。グイド・レーニは穏やかな性格だったので、決闘の申し入れには相手にならず、カラヴァッジョを宥めて事を収めたのです。
カラヴァッジョ作品の隣にこの作品を並べたのは、このような話を勿論知っていたからでしょう。


P2140244
カルロ・サラチェーニの追随者”ペンシオナンテ”(ローマで1610‐1620活動)の「聖ピエトロの否認」


P2140249
ドメニキーノ(ボローニャ、1581‐ナポリ、1641)の「聖ジローラモの最後の聖体拝領」(1614)


P2140252
グエルチーノ(チェント、1591‐ボローニャ、1666)の「聖トッマーゾの不信」


P2140256
Valentin de Boulogne (Coulommiers, 1591- Roma, 1632)の「聖プロチェッソと聖マルティアーニの殉教」(1629‐30)
Valentinはシモン・ヴーエに学んだフランス人画家で、カラヴァッジェスキの画風でした。


P2140259
アンドレア・サッキ(ローマ、1599‐1661)の「聖ロムアルドの幻視」(1631)


P2140264
グイド・レーニの「聖マッテオと天使」


P2140268
二コラ・プッサン(ヴィレ、1594‐ローマ、1665)の「聖エラズモの殉教」


P2140271
グエルチーノの「洗礼者聖ジョヴァンニ」


P2140275
グエルチーノの「コルトーナの聖マルゲリータ」


P2140278
グエルチーノの「マグダラのマリア」


P2140282
アンドレア・サッキの「聖グレゴリオと聖骸布の奇跡」


P2140285
グイド・レーニの「天上の聖母子と聖トッマーゾと聖ジローラモ」


P2140289
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(ナポリ、1598‐ローマ、1680)の「若い男の肖像」(1635c)


P2140292
ピエトロ・ダ・コルトーナ(コルトーナ、1596‐ローマ、1669)の「ダヴィデ」


P2140296
ピエトロ・ダ・コルトーナの「聖フランチェスコの幻視」


P2140300
ピエトロ・ダ・コルトーナの「ライオンを殺すダヴィデ」


P2140302
次の展示室です。


P2140306
グエルチーノの「村の祭り」(1620c)


P2140304
グイド・レーニ派画家の「フォルトゥーナ(運命の女神)とキューピッド」(1623c)


P2140309
アンドレア・サッキの「サンタ・マリア・イン・ヴァッリチェッラ教会で行われた聖フィリッポ・ネリの列聖式」(1622)


P2140312
ジョヴァンニ・フランチェスコ・カスティリオーネ(ジェノヴァ1641‐ローマ、1710)の「聖家族と聖ジョヴァンニーノ」


P2140314
ピエル・フランチェスコ・モーラ(コルドレリオ、1612‐ローマ、1666)の「聖ブルノーネの幻視」


P2140317
Gerard SeghersとJan Wildensの「聖フランチェスコ・サヴェーリオ」


P2140321
ピエル・フランチェスコ・モーラ?の「悔悛の聖ジローラモ」


P2140323
ピエル・フランチェスコ・モーラの追随者による「悔悛の聖ジローラモがいる風景」


P2140326
オラツィオ・ジェンティレスキ(ピサ、1563‐ロンドン、)の「ユディト」


P2140329
Vincent Malo (Cambrai, 1585- Roma, 1649) の「マギの礼拝」


P2140332
Trophime Bigot の「聖セバスティアーノの身体から弓矢を抜く女たち」


P2140336
Pieter Paul Rubens派画家の「マントヴァのゴンザーガ4世の勇姿」


P2140337
Nicolas Poussin の「ギデオンの勝利」(1624‐25)


P2140342
Gerard Seghers とJan Wildensの「ロヨラの聖イグナツィオ」


P2140344
次の展示室です。


P2140346
ジョヴァンニ・ボナッティ(フェッラーラ、1635c‐ローマ、1681)の「アルミーダを捨てるリナルド」(1666c)


P2140350
Pierre-Louis Cretey (Lione, 1630c-1702) の「キリストの洗礼」


P2140354
Daniel Seghers の「聖母子と花」(1644c)


P2140356
Daniel Seghers の「聖イグナツィオと花」


P2140358
17世紀のローマ派逸名画家の「花と果実」


P2140362
Claes Cornelisz Moeyaert ?の「オルフェオとプルートとプロセルピーナ」(1624)


P2140366
ピエトロ・パオリーニ(ルッカ、1603‐1681)の「男優の肖像」(1630‐40)


P2140368
フランチェスコ・フィエラヴィーノ(1650‐1680活動)の「静物画」


P2140370
Philippo Peter Roos の「猟師」(18世紀初頭)


P2140375
Pieter Van Bloemen の「馬」(1688‐1694)


P2140377
ボルゴニョーネの「戦闘」(1650c)


P2140381
イタリアの逸名画家の「猟師」


P2140383
バルダッサッレ・デ・カーロ(ナポリ、1685‐1750)の「狩猟物の静物画」


P2140386
ピエトロ・ナヴァッラ(ローマ、1685‐1714活動)の「果物の静物画」


P2140389
ピエトロ・ナヴァッラの「果物の静物画」


P2140393
Franz Werner Von Tamm (1685-1724) の「果実と花」(1685‐95)


P2140396
アンドレア・ベルヴェデーレ(ナポリ、1652c‐1732)の「花と果物」
(つづく)