P1730003
教会の聖具類も展示されてます。


P1730004
パラッツォ各部屋の装飾が見事です。


P1730007
アントニオ・ヴィヴァリーニ(ムラーノ、1420c‐ヴェネツィア、1476)の「玉座の聖母子」(15世紀後半)


P1730013
ピエトロ・ドニーニ(フィレンツェで15世紀前半に活動)の「聖母子と聖人たちと磔刑と受胎告知の三翼祭壇画」(1431c)


P1730015
空間を活用したゆったりとした展示が特徴です。


P1730017
ネーリ・ディ・ビッチ(フィレンツェ、1418‐1492)の「聖母子と2天使」(15世紀中ごろ)


P1730021


P1730024
これは表裏両面に描かれてます。
16世紀の無名画家の「磔刑」(16世紀初頭)


P1730027
16世紀の無名画家の「慈悲の聖母」(16世紀初頭)


P1730029
15世紀の無名画家の「受難の祈るキリスト」(15世紀末)


P1730032
展示室からの眺め


P1730045
ここから写真を撮りました。


P1730033


P1730034


P1730035


P1730046
彩柚テラコッタの作品が展示されてます。


P1730037
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「聖母被昇天」(16世紀前半)


P1730043
アンドレア・デッラ・ロッビア工房の「羊飼いの礼拝」(16世紀前半)


P1730049
ドメニコ・ギルランダイオ工房の「聖母戴冠と聖人たちと天使たち」(15世紀末)


P1730052


P1730053


P1730054
この美術館を代表する傑作です。


P1730057
ラッファエッロの作品です。傷みが激しいのが残念です。


P1730060
ラッファエッロの「サンティッシマ・トリニータ教会の祭壇前飾り:三位一体と聖ロッコと聖セバスティアーノ、エヴァの創造」(1502c)


P1730064
19世紀の無名画家の「磔刑」(1809)


P1730068
エルメネジルド・コスタンティーニ(ローマ、1764‐1791活動)の「ラッファエッロ作『トレンティーノの聖二コラ』の複製画」(1791)


P1730070
教会の聖職者席?


P1730073
フランチェスコ・ティフェルナーテ(チッタ・ディ・カステッロで1505活動)の「受胎告知」(1506c)


P1730079
フランチェスコ・ティフェルナーテの「受胎告知と玉座の聖母子と聖人たち」(1503‐06c)


P1730081
説明板がないので詳細不明です。


P1730083


P1730084


P1730085
次の部屋です。


P1730086
ここにも説明板がありません。


P1730087
中世の戦闘場面が描かれているので、この建物を建てた傭兵隊長の活躍を描いた?


P1730088
私の勝手な想像ですが、そう思いながらフレスコ画を見ていくと辻褄が合うような気がしました。


P1730089


P1730090
説明板くらい置いてあっても良さそうに思います。


P1730091


P1730093
カステルドゥランテの工芸品「聖母子と聖ジョヴァンニーノと聖アンナ」(17世紀)


P1730095
スグラフィート


P1730096
カステルドゥランテ産の工芸品「キリストの鞭打ち」(17世紀)


P1730098
大広間?


P1730099
この部屋の装飾も一見に値します。


P1730100


P1730101
ここが最後の部屋ですが、他の入館者を見ることはありませんでした。


P1730102
係員もいませんでした。


P1730103
ルーカ・シニョレッリ特別展は切符売り場に行列が出来ていたのですが、常設展は不人気なようです。勿体ない!


P1730104
外に出ました。


P1730107
ルーカ・シニョレッリ、ラッファエッロ、アントニオ・ヴィヴァリーニの作品が特に良かった!


P1730108
大満足で絵画館を後にしました。


P1730110
(おわり)