P1530923
シラクーザのドゥオーモ広場です。


P1530925
広場に面して建ってるのがドゥオーモです。


P1530927
かって、シラクーザは大司教区でした。その大司教座がこの教会に置かれていたので、Cattedrale Metropolitana della Nativa di Maria Santissimaが正式名称でした。しかし、司教区の見直しによって、シラクーザは普通の司教区に格下げされ、現在の正式名称は旧名からMetropolitanaが外されている様です。


P1540023
紀元前5世紀に建てられた古代ギリシャのアテナ神殿がこの地にありましたが、キリスト教がローマ帝国によって公認された後、何時しか神殿はキリスト教徒の祈りの場所として転用されるようになりました。
7世紀、神殿の建物を利用しながら教会の建物が建設されましたが、それが前身です。
9世紀、シチリアは侵攻したアラブ人によって徐々にアラブの支配下に置かれるようになりました。878年、この教会はモスクに転用されることになりました。


P1540030
11世紀になると、シチリアはノルマン人の支配下に置かれましたが、ノルマン王ルッジェーロ1世によって建物が再建されることになり、1093年から1100年にかけて建設されました。


P1530930
ところが1693年の大地震によって建物は大被害を受けてしまいました。
建物は再度再建されることになり、アンドレア・パルマの設計によって1725年から1753年にかけて建設されたシチリア・バロック様式の建物がほぼ現在の姿になってます。


P1540233
バロック様式は宗教改革で動揺した教皇庁がカトリック教会の優位性を示すための反宗教改革として発展しました。ところが宗教改革の波がローマに及ばないことがはっきりした17世紀中ごろには、バロック様式は急速に廃れて行きました。


P1540235
しかし、絶対王政が確立したスペイン、フランス、オーストアリアなどでは王政の優位性を示す手段としてバロック様式が利用され、豪華、華美をより強調した、バロック様式の発展形である後期バロック様式の花が咲きました。シチリアは、絶対王政国家のいわば植民地でしたから、その影響を受けた、シチリア式後期バロック様式が独自の発展を遂げたのです。


P1540240
シチリア・バロック様式の傑作とされるシラクーザ大聖堂ですが、20世紀になると、その行き過ぎの反省がおこり、パオロ・オルシによって1907年から1910年にかけてアテナ神殿の痕跡を示すように改造工事が行われました。現在の姿はこの改造後のものです。


P1540031
ファサードの聖母


P1530928
昼休みなしで朝から夕方まで開いているようです。


P1530931
三廊式の内部です。


P1530934
20世紀初頭に行われた改造工事のせいでしょうか、後期バロック様式の派手さが薄められてます。


P1530933
ギリシャ神殿の列柱を利用したので、華美さよりも重々しさを感じます。


P1530935
主祭壇と後陣


P1530936
後陣天井


P1530937
後陣への立ち入りが禁止されていました。


P1530944
主祭壇画はアゴスティーノ・シッラ(メッシーナ、1629‐ローマ、1700)の「聖母の誕生」


P1530948
後陣の右壁にある祭壇画(詳細不明)


P1530953
後陣の左壁にある祭壇画(詳細不明)


P1530951
説教壇


P1530958
説教壇の浮彫


P1530961
Cappella della Madonna della Neve


P1530963
アントネッロ・ガジーニの「雪の聖母」


P1530965
アテナ神殿の柱


P1530967


P1530968
歴史の重みを感じさせる列柱です。


P1530969


P1530970


P1530971
アントネッロ・ガジーニの「聖ルチア」(1527)


P1530973
ドメニコ・ガジーニの「聖母子」(15世紀)


P1530976
ガジーニ派の無名彫刻家の「アレッサンドリアの聖カテリーナ」(16世紀)


P1530977
左側廊に彫刻があります。


P1530979
洗礼盤


P1530981
ノルマン時代のモザイク


P1530982



P1530984
ここは写真禁止だったような・・・・・


P1530985
サンタ・ルチア礼拝堂です。


P1530990
イグナツィオ・マラビッティの「聖ルチア」(18世紀)


P1530997
磔刑の礼拝堂です。この礼拝堂は見逃せません。


P1530999
アントネッロ・ダ・メッシーナの「聖マルチャーノ」(15世紀)


P1540002
アントネッロ・ダ・メッシーナ派の無名画家の「聖ゾージモ」(15世紀)


P1540005
磔刑礼拝堂祭壇


P1540007
ビザンチン様式の無名画家の「磔刑像」(13世紀)


P1540010
礼拝堂天井のフレスコ画


P1540012


P1540013
「聖ルチアの遺骨」


P1540015
Cappella del Sacramento


P1540016
右側廊の奥にある礼拝堂は写真禁止でした。


P1540017


P1530950
主祭壇前から見た入口方向です。


P1540018
外に出ました。


P1540019
外観よりも聖堂内部の方が落ち着きがありました。


P1540020
司教館


P1540022
(おわり)